世論調査

辺野古移設、否定意見が肯定上回る~世論調査3件に共通

8月最終の週末に実施された4件の世論調査の結果が報じられています。 目を引くのは沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の移設問題です。日米両政府が合意し、安倍晋三政権が進めている沖縄県内、名護市辺野古への移設についての賛否を共同通信、産経新聞・F…

杉田水脈議員の考え方「問題ある」83%(JNN調査)、自民の対応「問題ある」61%(朝日調査)

どこかマスメディアが世論調査で聞かないのかと思っていたら、TBS系列のJNNが8月4、5日に実施した調査で質問しました。自民党の杉田水脈衆院議員のLGBT差別寄稿とそれに対する自民党の対応についてです。質問と回答は以下の通りです。 ▼自民党…

モリカケ「納得していない」75%、安倍内閣支持37%で横ばい、毎日新聞世論調査

毎日新聞が7月28、29日に実施した世論調査の結果が報じられています。安倍晋三内閣の支持率は37%で、6月の前回調査の36%から横ばい。不支持は44%で4ポイント増です。不支持が支持を上回ったのは5カ月連続とのことです。他社の調査と違って…

「安倍首相の人柄が信用できない」と答える人が増えている

世論調査の分析で、ネット上の興味深い論考が目に止まりました。日本テレビの世論調査の結果を対象に、内閣支持率、不支持率を巡って、支持の理由、不支持の理由の経緯をたどってみたところ、「安倍晋三首相の人柄が信頼できない」との回答が2017年を境…

モリカケ、今後も国会で追及「必要ない」50%(日経・テレ東)、49・3%(共同通信)~カジノ、参院6増、西日本豪雨対応に厳しい民意

週末実施の電話世論調査の結果3件が報じられています。ここのところの世論調査では、個別の政策課題では安倍晋三政権に厳しい評価が示されるものの、内閣支持率には反映されない、支持率が一定水準以下には下がらない傾向が続いています。今回も、カジノ解…

安倍政権5年半「他に期待できる人や政党ない」69%(朝日新聞調査)、内閣不信任「値する」49・5%(時事通信調査)

朝日新聞が7月14、15両日に実施した電話世論調査の結果が報じられています。安倍晋三内閣の支持率は38%で前回6月の調査から変動なし、不支持率は2ポイント減の43%。5カ月連続で不支持が支持を上回ったとのことです。 時事通信が7月6~9日に…

安倍内閣「支持」44%、4カ月ぶりに「不支持」上回る(NHK調査)

NHKが7月6~8日に実施した電話世論調査の結果が報じられています。安倍晋三内閣の支持率は6月の調査から6ポイント増の44%だったのに対し、不支持率は5ポイント減の39%。4カ月ぶりに「支持」が「不支持」を上回ったとのことです。 加計学園の…

安倍晋三内閣の支持率が回復傾向~6月の世論調査

毎日新聞が6月23、24日の週末に実施した電話世論調査の結果が報じられています。 安倍晋三内閣の支持率は36%で前回5月の調査結果から5ポイントアップ。不支持率は8ポイント減の40%でした。 6月のマスメディア各社の調査結果は、上旬実施のN…

ありえないことを持ち出し「もしあったら辞職する」と強弁したに等しい安倍首相~毎日新聞「首相の答弁 論理破綻 矛盾する『贈収賄の文脈』 昭恵氏は私人 罪問えず」

6月16日(土)付の毎日新聞朝刊(手元にあるのは東京本社発行の14版です)の社会面準トップに「首相の答弁 論理破綻/矛盾する『贈収賄の文脈』/昭恵氏は私人 罪問えず」との見出しの記事がありました。その通りだと感じることが多い記事ですので、備…

安倍内閣支持層は「モリカケ」に関心ない(毎日新聞調査)~支持率が4割~3割で下げ止まる理由

全国紙の新聞社や通信社、NHK、民放各局はおおむね月に1回、定例の電話世論調査を行っています。各社とも最初に訪ねるのが、現在の内閣を支持するかどうかの内閣支持率です。5月の世論調査の安倍晋三内閣の支持率は、目に止まったところでは以下のよう…

安倍内閣支持率、一斉に回復、下げ止まり~加計学園「疑惑晴れない」83%(朝日調査)、首相説明「納得できない」77%(読売調査)でも

5月に各マスメディアが実施した世論調査の結果が報じられています。目に止まった6件の調査(共同通信、JNN、読売新聞、ANN、産経新聞・FNN、朝日新聞)の結果を見ると、安倍晋三内閣の支持率は42~36%で、4月の前回調査と比べて軒並み5・…

安倍晋三首相の悲願「9条改憲」に民意は冷ややか

ことしも5月3日の憲法記念日を迎えました。安倍晋三首相は昨年のこの日、読売新聞の紙面に掲載されたインタビューや、改憲派の集会に寄せたビデオメッセージで、憲法9条の現行条文はそのままに、自衛隊の明記を加える改憲案を唐突に掲げました。その後、…

憲法9条改正が必要との主張を支持している人はどれぐらいいるのか

3月の世論調査では、各社とも憲法9条改正について尋ねています。自民党の党内論議の大勢が、安倍晋三首相が主張している「9条2項はそのままに、自衛隊を明記」を志向していることからか、世論調査の質問もこの案への賛否を問うものに集約されてきていま…

安倍内閣支持率は下落局面に~「佐川事件」では済まない森友文書改ざん ※追記・内閣支持率30・3%(NNN)、31%(朝日新聞)、33%(毎日新聞)

3月に入って、安倍晋三内閣支持率の下落傾向がはっきりしています。要因は、森友学園への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題です。16日に報じられた時事通信の調査(9~12日実施)結果では、支持率は前月と比べて9・4ポイント減の39・3…

9条2項維持・自衛隊明記の安倍首相案、賛否割れる(朝日調査)

備忘です。朝日新聞が2月17、18日に実施した世論調査の結果が報じられています。憲法9条の改正論議に関連しては、他社の調査とは違って、安倍晋三首相が志向する、9条2項を維持した上で自衛隊を明記する案についてのみ、改正の必要の有無を尋ねてい…

佐川宣寿氏の国会招致を求める民意

世論調査結果で、前記事に続いてもう1件です。 森友学園への国有地売却問題に関連して、佐川宣寿・前財務省理財局長(現国税庁長官)の昨年の国会での答弁に、虚偽だったのではないかとの指摘が強まっています。そのことに関連しては産経新聞・FNNとNH…

憲法9条改正の世論調査結果はやはりバラバラ ※追記・自衛隊明記「反対」「どちらともいえない」で過半数(NHK調査)

前回の記事の続きです。 2月10、11日に産経新聞とFNN(フジテレビ系列)が合同で実施した世論調査とNHKが10~12日に行った調査、時事通信が9~12日に行った調査の計3件の調査結果が報じられました。 憲法について、各社の問いと回答を書…

憲法改正の機運は高まっていない~「安倍晋三首相の下で改憲」なお半数が反対(共同調査)

読売新聞と共同通信がそれぞれ2月10、11日に実施した世論調査の結果が報じられています。両社とも憲法改正について質問しており、結果は次の通りです。 ▼読売新聞・憲法に自衛隊の存在を明記することについて、自民党は、戦力を持たないことを定めた9…

新市長の公約に「米海兵隊の県外、国外移転」~沖縄・名護市長選の結果は「辺野古移設容認」に直結していない

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題で注目された沖縄県名護市長選は2月4日の投開票の結果、前市議の新人、渡具知武豊氏が3選を目指した現職の稲嶺進氏を破って初当選しました。移設阻止を前面に掲げる稲嶺氏に対し、市議時代の渡具…

続・議論と理解が進んでいない憲法9条改正と自衛隊~世論調査結果から

前回の記事の続きになります。 1月20、21日実施の世論調査結果3件が報じられています。憲法9条の改正問題では、朝日新聞が「安倍政権のもとで」を前提に、自衛隊の存在を明記する改正の賛否を問うたところ、賛成34%に対し反対は46%と12ポイン…

議論と理解が進んでいない憲法9条改正と自衛隊~世論調査の設問によって回答に大きな差

年明け後の世論調査結果がいくつか報じられています。目に付いた項目を書きとめておきます。 安倍晋三内閣の支持率はおおむね微増で共通しています。それなりに高いレベルで安定しているとみてもいいように感じます。前回比で4ポイント増と、やや増加傾向が…

民意から浮かび上がる「安倍改憲のジレンマ」

先日の週末に実施された世論調査の結果がいくつか報じられています。目に止まった主な内容を備忘を兼ねて書きとめておきます。 安倍晋三内閣の支持率は53・1~44%。過去のどの時点の調査結果と比較するかによって差異はありますが、上昇・安定傾向にあ…

来秋以降の安倍首相続投、「続けてほしくない」51%(共同通信)、「反対」46%(読売新聞)~議席数とにやはり落差

第4次安倍晋三内閣が成立したことを受けて11月1、2日に共同通信と読売新聞がそれぞれ実施した2件の世論調査の結果が報じられています。 内閣支持率は共同通信調査で49・5%、読売新聞調査は52%と、50%前後の水準です。一方で、共同通信調査で…

与党の議席「多すぎる」51%(朝日調査)、「野党がもっと議席を」47%(読売調査)~民意は議席数ほどには安倍政権に期待していない

衆院選の結果に対して朝日新聞と読売新聞がそれぞれ10月23、24日に実施した世論調査の結果が報じられています。 読売新聞は与党3分2超の結果はよかったか、よくなかったかと2択で問い、次いで与野党の議席数について、どうなっていればよかったかを…

安倍晋三首相への厳しい視線~備忘:衆院選 終盤情勢の報道

衆院選の22日の投開票を前に、新聞各紙が情勢調査の結果を報じています。①自民党は堅調②希望の党失速③立憲民主党に勢い、第2党(野党第1党)をうかがう―といった点が共通しているようです。 その一方で、各紙の調査結果を見ていて浮かび上がるのは、安倍…

沖縄の米軍ヘリ炎上と衆院選

衆院選について、10月12日付の新聞各紙朝刊は一斉に序盤の情勢調査の結果を報じました。各紙とも、自民党は堅調、希望の党は追い風なく伸び悩み、立憲民主党に勢いーなどで概ねそろっています。 一方で内閣支持率が伸びたわけではなく、そういう意味では…

衆院選で問われるのは憲法

きょう10月10日は衆院選の公示日。22日に投開票を迎えます。 9月28日の衆院解散を前に、安倍晋三首相は同25日に記者会見し、「少子高齢化」と「緊迫化する北朝鮮情勢」を「国難」と呼び、この解散を「国難突破解散」と呼びました。「国難」と呼ぶ…

勢い感じられない「希望の党」~備忘・朝日新聞の世論調査結果

朝日新聞社が10月3、4日に実施した電話世論調査の結果が報じられています。10月10日公示の衆院選での比例代表の投票先では、「希望の党」との回答は12%でした。民進党が希望の党への合流を決める前の9月26、27日に実施した前回調査では13…

辺野古移設に反対80%、沖縄の民意は明白~衆院選・3極の論戦で争点化を

衆院選を前に、この話を書きとめておこうと思います。 沖縄県の米軍普天間飛行場に垂直離着陸機MV22オスプレイが配備されて10月1日で5年となるのを前に、沖縄の地元紙、琉球新報が9月23、24日、18歳以上の県民を対象に世論調査を行いました。…

安倍晋三内閣「不支持」が「支持」上回る、小池百合子代表「希望の党」勢い限定~世論調査結果から

10月10日公示、22日投開票の衆院選を巡って、民進党の枝野幸男・代表代行が10月2日、小池百合子・東京都知事が代表の「希望の党」には行かない民進党の候補予定者の受け皿になる新党「立憲民主党」の結成を発表しました。共産党、社民党との連携を…