憲法

地域に根差すジャーナリズムの平和の視座~8月15日のブロック紙・地方紙の社説

日本の敗戦から72年がたちました。今年の8月15日は、北朝鮮が核武装化を公言してミサイル実験を繰り返し、それに米国のトランプ大統領が武力行使を示唆した威嚇で応じるという国際情勢の中で迎えました。いつの年にも増して、日本の平和主義が試されて…

安倍改造内閣、なお「不支持」が「支持」上回る傾向~殊勝な首相、いつまで

安倍晋三首相が8月3日に自民党役員人事と内閣改造を行ったことを受けて、マスメディア各社が3日から4日にかけて実施した世論調査の結果が報じられています。内閣支持率は各調査とも前回に比べて最大で9ポイントのアップ。内閣改造が一定の評価を得たと…

朝日阪神支局事件から30年〜「反日朝日は五十年前にかえれ」の1937年と今日

ここ数年、毎年のように書いていることですが、5月3日は憲法記念日であるのと同時に1987年、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局が襲撃された日です。事件では小尻知博記者=当時29歳=が殺害され、記者1人が重傷を負いました。今年は30年の節目にな…

政府の説明がない「米艦防護」―国民は簡単に戦争に向かうし「だまされることの罪」もあることを自覚しておきたい

安全保障関連法に基づき、自衛隊が米軍の武器や艦船を守る「艦船等防護」が5月1日、初めて実施されたと報じられています。報道によると、海上自衛隊で最大の護衛艦であるヘリ搭載型の「いずも」が、神奈川県の横須賀基地を出港して米軍の補給艦と合流。1…

大震災「東北でよかった」発言と沖縄の基地集中は通底していないか

少し時間がたってしまいましたが、備忘も兼ねて書きとめておきます。 復興相だった今村雅弘衆院議員が4月25日、所属する自民党二階派の会合で、東日本大震災の被害に触れる中で「25兆円という数字もある。これがまだ東北で、あっちの方だったから良かっ…

立法の必要性に具体例の説明なく、理解も不十分な「共謀罪」―世論調査は逆転、「反対」が「賛成」上回る

過去3回廃案になった共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案が21日、閣議決定され国会に提出されました。政府は2020年東京五輪を前にテロ防止のために必要と強調し、呼び方も「テロ等準備罪」と変えています。菅義偉官房長官は21日の閣議決…

憲法公布70年、在京紙の報道の記録

今年の11月3日は現行の日本国憲法が公布されて70年の日でした。日本国憲法は1946年11月3日に公布され、翌47年5月3日に施行されました。11月3日を文化の日として祝日にしているのは、この日本国憲法の公布に由来します。 今年の11月3日…

備忘:「安倍政権下での改憲に反対55%」共同通信の郵送世論調査

共同通信が憲法公布70年に当たり、郵送方式で実施した世論調査の結果が報じられています。 ※47news=共同通信「安倍政権下での改憲に反対55%/改正『必要』は過半数」2016年10月29日 共同通信社は28日、憲法公布70年に当たり郵送方式で実施した世…

「共謀罪」の危うさは変わらない―2006年当時の経験から(再掲)

過去3度、国会に法案が提出されながらいずれも廃案になった「共謀罪」法案が、名前を変えて再提出されるようです。朝日新聞が8月26日付の朝刊で先行して報じ、マスメディア各社も相次いで伝えています。 ※47news=共同通信「共謀罪、名称変え再提出へ 政…

「多くの菓子職人、海に消え」 給糧艦「間宮」の記録―毎日新聞「キャンパる」の記事

8月は戦争と平和について考えることが多い季節です。8月19日の毎日新聞夕刊(わたしの手元にあるのは東京本社発行の紙面です)で、大学生らが作る「キャンパる」のページに、旧日本海軍の給糧艦「間宮」の記事が掲載されているのが目にとまりました。一…

憲法99条をめぐって3年前の記事に追記

憲法99条について3年前に書いたこのブログの記事が、ネット上のまとめサイトにリンクを張られており、今も時折、このサイト経由でのアクセスがあります。 ※「池上彰でもわかる日本国憲法の問題点」 http://matome.naver.jp/odai/2136765382340635701 ※リ…

退位容認8割超、「お気持ち」きっかけでも憲法上の問題なし7割

天皇の退位問題を巡り、象徴天皇の在りようについて天皇自身が語ったビデオを宮内庁が8月8日に公表したことを受けて、共同通信と読売新聞が世論調査を行いました。天皇が生前退位できるようにした方がよいかどうかでは、2件の調査結果とも8割以上が、し…

「お気持ち」ビデオ公表、在京各紙の報道の記録―マスメディアは天皇退位問題の当事者に

NHKが7月13日夜7時の定時ニュースに合わせるように流した独自ダネ「天皇陛下 『生前退位』の意向示される」で始まった天皇の退位問題で8月8日、大きな動きがありました。象徴天皇の在りようについて天皇自身が語ったビデオテープを宮内庁が午後3時…

「改憲」「3分の2」「4野党連携」では戸惑いも目立つ―NHK世論調査

NHKが7月16〜18日に実施した世論調査の結果を報じました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160719/k10010601021000.html 主な項目を書きとめておきます。 ▽内閣支持率 支持48%(2週間前の前回比2ポイント増) 不支持36%(変わらず) ▽参…

「生前退位」在京紙初報の記録―天皇制報道は憲法を報じることに通じる

NHKが7月13日午後7時の定時ニュースに合わせて、「天皇陛下 『生前退位』の意向示される」の独自ダネを流しました。新聞各紙も全国紙、地方紙を問わず翌14日付朝刊で「生前退位の意向」を大きく報道。その後、政府が皇室典範の改正を検討しているこ…

朝日新聞調査、自公の大勝「野党に魅力ないから」71%

前回の記事の続きになります。参院選の結果を受けて、朝日新聞も7月11、12日に実施した世論調査の結果を14日付朝刊(東京本社発行紙面)に掲載しました。いろいろと興味深いので、主なものを書きとめておきます。なお、内閣支持率は45%、不支持率…

「改憲勢力2/3超」に世論の評価二分、戸惑いも

参院選の結果を受けて、7月11、12両日に実施された2件の世論調査結果が目にとまりました。衆院に続いて参院でも改憲勢力が改憲を発議できる3分の2を超える議席を占めることになった選挙結果について、共同通信の調査では「よかった」24・2%、「…

「改憲勢力3分の2超」の意味―参院選翌日・在京各紙の報道の記録

第24回参院選が7月10日、投開票されました。11日付の東京発行新聞各紙の朝刊1面は以下の通りです。開票作業は夜明け後も続いたため、確定結果までは入っていないものの、選挙結果の主なポイントは各紙の見出しにおおむね網羅されているのではないか…

いつも手元に憲法を

小学館発行の漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」が、日本国憲法の全文を冊子にし、特別付録にするそうです。※47news=共同通信「小学館スピリッツ付録に憲法全文 青年漫画誌、4日発売号」2016年6月30日 http://this.kiji.is/121200059661631494?…

参院選で問われてしかるべきは安倍晋三首相の政治手法―内閣支持率は55%超だが改憲に世論は冷静 ※追記・読売新聞調査

安倍晋三首相は通常国会閉会を受けて6月1日に行った記者会見で、2017年4月に予定していた消費税の10%への増税を、19年10月まで2年半延長することを正式に表明しました。2014年11月に、延期を打ち出して衆院を解散した際には、再延期は…

安倍晋三首相や自民党の改憲案への批判、懐疑目立つ地方紙・ブロック紙

憲法記念日の5月3日付の地方紙・ブロック紙の社説を、自社サイトで公開している新聞を対象にネットで調べてみました。夏の参院選を前に、安倍晋三首相が任期中の憲法改正に繰り返し意欲を示していることを反映して、目にすることができた社説の大半が改憲…

「汝、平和を欲すれば、平和を準備せよ」ケロッグのペンの金言:中日新聞・東京新聞社説―2016憲法記念日・在京メディアの報道(2)※付記・朝日新聞阪神支局事件から29年

安倍晋三首相が憲法改正に積極的な姿勢を見せていることから、東京発行新聞各紙の5月3日付朝刊の社説では、各紙それぞれに「改憲」を論じています。 各紙の社説の見出しと文中の小見出しは以下の通りです。▼朝日新聞「個人と国家と憲法と 歴史の後戻りはさ…

安倍晋三首相が改憲に前のめりになるほど、世論は慎重さを増す―2016憲法記念日・在京メディアの報道(1)

きょう5月3日は69年前の1947年に日本国憲法が施行された「憲法記念日」です。東京発行の新聞各紙の朝刊では、憲法改正の是非を問う世論調査の結果が目に付きました。世論調査の結果を掲載したのは朝日新聞、毎日新聞、日経新聞(テレビ東京と合同)…

「改憲必要」多くても半数ちょっと? 民意は憲法と冷静に向き合っている

一つ前の記事で、共同通信社と加盟社の日本世論調査会が2月に面接方式で実施した世論調査結果を一部紹介しましたが、その後、読売新聞社が郵送で実施した「憲法」についての世論調査結果を3月17日付の朝刊で報じました。日本世論調査会の調査でも憲法改…

高市総務相発言に対する「立憲デモクラシーの会」の見解―放送法4条違反が理由の「停波」は違憲(備忘)※追記・憲法自体が攻撃されているとき

高市早苗総務相が、放送法4条違反を理由に放送局に電波停止を命じることがありうると繰り返し発言していることに対して、法学や政治学の研究者らでつくる「立憲デモクラシーの会」のメンバーが3月2日、記者会見し、見解を公表しました。「立憲デモクラシ…

「私たちは怒っている」―高市総務相「停波発言」への抗議声明(備忘)

高市早苗・総務相が、放送番組が政治的に公平であることを定めた放送法4条の規定に違反していると認めれば、電波法に基づき、その放送局に電波の停止を命じることがありうると、国会で繰り返し表明したことに対し、テレビでも活躍するジャーナリストが29…

山田健太さんが解説する高市総務相「停波」発言の意味〜「政府が強引に物事を推し進めようとする場合、古今東西を問わず、秘密保護法制、緊急事態法制、名誉毀損法制(言論規制法制)を整備する。その三つ目と同じ効果」

一つ前の記事で触れた高市早苗総務相の「停波発言」、すなわち高市総務相が、放送番組が政治的に公平であることを定めた放送法4条の規定に違反していると認めれば、電波法に基づき、その放送局に電波の停止を命じることがありうると、国会で繰り返し表明し…

総務相「停波発言」を地方紙社説は批判〜あらためて放送法4条は「倫理規範」

高市早苗総務相が国会で、放送局に対し、番組が政治的に公平であることを定めた放送法の規定に違反した場合、電波法に基づいて電波停止を命じることがありうると、繰り返し表明しました。番組制作が政治的に公平であることを定めているのは放送法4条1項で…

メディア総研が緊急声明「私達は、違法な政治介入を許しません」 ※追記・放送法ワンポイント解説

メディア総合研究所が11月30日、緊急声明を発表しました。 http://www.mediasoken.org/statement/view.php?id=56 私達は、違法な政治介入を許しません。 私たちは違法な政治介入に強く反対します。「表現の自由」に基づく放送法の「自主自律」を各放送事…

「放送の不偏不党」「真実」や「自律」は公権力こそが守らなければならない〜BPO「NHK出家詐欺報道への意見」の核心 ※追記 政府、自民党が反論

NHKが2014年5月の「クローズアップ現代」と同年4月の「かんさい熱視線」で放送した「出家詐欺」報道に対して、NHKと民放各局が設置した第三者機関の放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が11月6日、「重大な放送倫理違反が…

「説明不十分」「議論尽くさず」が圧倒するも安倍晋三内閣支持率なお35―40%台〜安保法制成立後の世論調査

集団的自衛権の行使容認などを含む新たな安全保障法制の成立を受けて、マスメディア各社が9月19、20日に実施した世論調査の結果が報じられています。手元の紙面やネットで確認できるデータを項目ごとにまとめてみました。後掲しますが、特徴的な点は以…

主催者発表「12万人」と警察集計「3万人」は対象が異なる〜8・30反安保法案集会の参加者数報道に思うこと

東京の国会議事堂周辺で8月30日に行われた安全保障関連法案に反対する大規模な集会をめぐって、参加者数の論議が続いているようです。主催者発表が「約12万人」だったのに対し、マスメディアの報道で警察の集計は「約3万人」あるいは「約3万3千人」…

1面掲載の朝日、毎日、東京、社会面の読売、産経、日経〜反安保、国会周辺集会の報じ方 ※追記・警察集計の表記について補足

参院で審議中の安全保障関連法案に反対する過去最大規模の集会が30日、国会周辺で開かれ、主催者発表によると約12万人が参加しました。全国各地でも同じように集会が開かれ、その数は200〜300カ所と報じられています。 ※47news=共同通信「国会…

不支持が支持を上回ったが、安倍内閣支持率は依然30%台後半から40%前後

前回の記事の続きです。読売新聞社と日経新聞社・テレビ東京が7月24〜26日に実施した世論調査のうち、安倍晋三内閣の支持率をまとめると以下の通りです。カッコ内は前回調査からの変動です。▼読売新聞 7月24〜26日実施 支持43%(6ポイント減)…

抗議する人々の報じ方は政権との向き合い方を反映〜備忘:安保法案強行採決の在京紙報道の記録

安全保障関連法案は15日に衆院特別委員会で可決された後、16日午後に衆院本会議で採決が行われ、可決されました。舞台は参院に移ります。この事態そのものについてのわたしの考え方は、このブログの以前の記事(「議会制民主主義の危機も明らかになった…

議会制民主主義の危機も明らかになった〜7月15日の安保法案、採決強行

集団的自衛権の行使容認を始め、自衛隊の海外での活動を拡大する内容の「安全保障関連法案」が15日、衆院の特別委員会で採決に付され、可決されました。16日にも衆院本会議で採決の見通しと報じられています。議席数の上から可決は確実です。15日の特…

東京地評の講演で話したこと、話し足りなかったこと

6月28日の日曜日に、東京地方労働組合評議会(東京地評)のセミナーに講師としてお招きいただき、「戦後70年と安倍晋三政権〜報道の現場から見る日本社会のこれから」と題して、お話をさせていただきました。事前にレジュメ代わりのメモを作成したので…

「自民1強 安倍氏1強」下で「異論排除」は変わらないのではないか〜底の浅い安倍首相の陳謝

以前の記事(「『自民1強 安倍氏1強』で『異論排除』がまかり通るのか〜百田尚樹氏より危険な自民議員の言辞」)で触れた自民党議員の勉強会での「異論排除」問題で、安倍晋三首相が7月3日、衆院特別委で陳謝しました。 ※47news=共同通信「報道圧力発…

安倍内閣支持率10・7ポイント急落、安保法案「違憲」54・3%〜福島民報・福島テレビ世論調査(備忘)

福島民報社と福島テレビが福島県で実施した世論調査の結果がネットで目にとまりました。備忘を兼ねて書きとめておきます。 国会で審議中の安全保障関連法案が「違憲」との回答は54・3%、集団的自衛権の行使容認に「反対」が51・7%など。安倍晋三内閣…

「自民1強 安倍氏1強」で「異論排除」がまかり通るのか〜百田尚樹氏より危険な自民議員の言辞

自民党の若手議員が6月25日に党本部で開いた勉強会「文化芸術懇話会」で、議員から「マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」と発言したことや、講師として招かれた作家百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞は…

政権支持派は主張控え目か〜安保法制国会審議の各紙社説

今週末の28日に、東京で労働組合のセミナーにお招きいただき、講演をさせていただくことになりました。今までと同じように「表現の自由」を軸にして、わたしたちの社会は今、どんな局面にあるのか、これからどんなことが起こるのかなどを話そうと考え、準…

「戦場に立つことになる自衛官」を伝える新聞、伝えない新聞〜安保法制閣議決定の在京紙報道の記録

安倍晋三政権は5月14日の臨時閣議で、自衛隊の活動をめぐり、集団的自衛権の行使容認やPKO活動中の駆けつけ警護、他国軍への弾薬の供与など、従来は憲法9条によって「できない」とされていた分野へ拡大する内容の関連法案を閣議決定しました。※「安保…

目立つ安倍政権への批判と疑念、改憲派にも高揚感なく〜憲法記念日の各紙社説

安倍晋三首相が改憲への意欲をむき出しにしている中でことしも憲法記念日の5月3日、新聞各紙の紙面では憲法に関連する社説が多く載りました。東京発行の6紙(朝日、毎日、読売、日経、産経、東京)のほか、ネットで26紙(見出しのみを含む)の計32紙…

再び「2つの『3月20日』」

3月20日はオウム真理教による「地下鉄サリン事件」から20年の日でした。1995年のこの日の朝、東京の営団地下鉄(現東京メトロ)3線の車内で猛毒のサリンがまかれ、地下鉄職員や通勤客ら13人が死亡し、6千人以上が重軽症となりました。東京都内…

企画展「東京大空襲・七十年」〜声なき死者が遺した記録

ことしは1945年の日本の敗戦から70年。1945年3月10日未明、東京の下町地区が米軍B29の大編隊の空襲を受け、一夜で10万人以上が犠牲になったとされる「東京大空襲」からも70年です。この大空襲では一家が全滅したケースも少なくないと思…

戦後70年と安倍晋三政権、憲法〜全国保団連四国ブロック講演会の報告

2月22日の日曜日、全国保険医団体連合会(全国保団連)四国ブロック協議会の主催で愛媛県松山市で開かれた学習講演会で、お話をさせていただきました。全国保団連とは、開業医や勤務医の方々でつくる各地の保険医協会・保険医会が加盟する全国組織です。…

2015年、永遠平和のために

2015年になりました。昨年はこのブログにたくさんの方にご訪問いただきありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。 ことしは1945年に第2次大戦が日本の敗戦で終結してから70年です。10年前の戦後60年、2005年当時は、わた…

毎日新聞1面社説「『冷めた信任』を自覚せよ」〜衆院選の結果を伝える在京各紙紙面の記録 ※追記・改題しました

第47回衆院選は12月14日に投開票の結果、与党の自民党290議席、公明党35議席で計325議席を獲得し、定数475議席の3分の2超を維持しました。ほかの政党別議席数は民主党73、維新の党41、共産党21、社民党2、次世代の党2、生活の党…

特定秘密保護法が施行、在京紙の報道の記録

特定秘密保護法が12月10日午前零時、施行されました。「何が秘密か、それ自体が秘密」との指摘に代表される、批判の多い法律です。 10日付の東京発行の新聞各紙朝刊は、扱いが分かれました。朝日新聞、毎日新聞、東京新聞は本記を1面トップで大きく扱…

再び「民間船と船員の戦争犠牲の歴史」〜12・8開戦の日に

今年も12月8日になりました。1941年のこの日、日本はハワイ真珠湾攻撃やマレー半島上陸戦で米国、英国との戦争を始めました。73年前のことになります。欧州や北アフリカが戦場だった第2次世界大戦がこの太平洋戦争開戦によってアジア、太平洋地域…