政治・選挙

衆院議長の異例の所感

少し時間がたちましたが、記録の意味でも書きとめておこうと思います。 通常国会閉会後の7月31日、大島理森衆院議長が国会内で記者会見し、安倍晋三政権に反省と改善と促す所感を明らかにしました。三権の長の一人である衆院議長のこのような会見は異例と…

これで終わりにはできない~杉田水脈議員LGBT差別、自民「見解」への新聞各紙社説

杉田水脈衆院議員のLGBT差別寄稿の続きです。 杉田議員を指導したという自民党の「見解」が示され、それに対して杉田議員からは謝罪も反省もないコメントが示されました。自民党総裁の安倍晋三首相はぶら下がり取材に応じましたが、話した内容はまるで他…

自民党は杉田水脈議員に何をどう指導したのか

自民党の杉田水脈衆院議員が7月18日発売の月刊誌「新潮45」に「『LGBT』支援の度が過ぎる」とのタイトルで、性的少数者(LGBT)に対する差別的な論考を寄稿した問題で、自民党が8月1日付で見解をホームページに掲載しました。全文を引用しま…

杉田水脈議員の差別主張を容認する自民党を批判~新聞各紙の社説 ※追記あり

自民党の杉田水脈衆院議員が7月18日発売の月刊誌「新潮45」に「『LGBT』支援の度が過ぎる」とのタイトルで、性的少数者(LGBT)に対する差別的な論考を寄稿しました。「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるのか。彼ら彼…

カジノ法成立し国会閉会~行政不祥事、まるで他人ごとの安倍首相

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案は7月20日、参院本会議で可決、成立しました。22日までの通常国会はこれで事実上、閉会しました。 安倍晋三首相は20日夕に記者会見し、今国会の会期中、行政を巡るさまざまな問題が明らかになったとして…

今度はカジノ解禁、民意に反して強行

複雑怪奇な「参院6増」の次は、カジノ解禁です。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案は20日に参院本会議で可決、成立することが確実になりました。 ※47news=共同通信「カジノ法案、参院委可決 与党、20日成立方針」2018年7月19日…

「参院6増」成立、巨大与党が押し切る

参院の議員定数を6増やすとともに、比例代表に「特定枠」を設けて、得票数に関係なくあらかじめ決めておいた順位に従って当選とする仕組みを盛り込んだ改正公職選挙法が7月18日、衆院本会議で可決、成立しました。賛成は自民、公明両党のみ、野党各党や…

「自民の『党利党略』」(朝日)、「『議席増』期待 野党弱腰」(毎日)~参院定数6増法案が参院通過 ※追記・読売、産経も改正案を批判

参院の議員定数を6増やすとともに、比例代表に特定枠を設けて、候補者の得票数に関係なく当選順位をあらかじめ決めておく仕組みを盛り込んだ公職選挙法改正案が7月11日、参院本会議で可決されました。法案は自民党が提出し、採決では公明党も賛成。野党…

国会傍聴、「9」「NO WAR」の服装NG

たまたま知り合いの方がフェイスブックで紹介しているのを見て、紫野明日香さんのこのツイートを知りました。 先日国会傍聴に行ったら、「9がついている物はダメです」と係員に止められました。ネックレスもタグも9は外せと言われます。結局カーディガンで隠…

働き方改革法成立の在京紙報道~「高プロ」に懸念の一方で、改革に前向きも

当座の備忘メモです。 働き方改革法案が6月29日の参院本会議で可決され、成立しました。30日付の東京発行新聞各紙は6紙(朝日、毎日、読売、日経、産経、東京)とも1面トップの扱い。本記(事実を伝える中心的な記事)を中心とする1面掲載の記事の見…

安倍晋三首相「それぞれが選択すべきこと」~二階氏「『産まない』は勝手な考え」発言に

二階俊博・自民党幹事長の「『産まない』は勝手な考え」発言に批判や反論、異論が相次いでいるようです。国会で6月27日午後に行われた党首討論でも、立憲民主党の枝野幸男代表が質問したのに対し、安倍晋三首相は「子どもを持つか、持たないかはそれぞれ…

二階俊博氏「『産まない』は勝手な考え」「食べるのに困る家ない。こんなに素晴らしい幸せな国はない」

自民党の二階俊博幹事長が6月26日に行った講演がマスメディアに報じられています。 ※47news=共同通信「二階氏『産まない』は勝手な考え 都内で講演、少子化問題巡り発言」 https://this.kiji.is/384253021293397089 自民党の二階俊博幹事長は26日…

麻生太郎氏「新聞を読まない人たちは全部自民党」

麻生太郎氏の「新聞読まない人は全部自民党支持」(大意)という発言がありました。 ※47news=共同通信「麻生氏『新聞読まぬ世代は自民』 昨秋の衆院選に関し」 https://this.kiji.is/383530313399862369?c=39546741839462401 麻生太郎副総理兼財務相…

ありえないことを持ち出し「もしあったら辞職する」と強弁したに等しい安倍首相~毎日新聞「首相の答弁 論理破綻 矛盾する『贈収賄の文脈』 昭恵氏は私人 罪問えず」

6月16日(土)付の毎日新聞朝刊(手元にあるのは東京本社発行の14版です)の社会面準トップに「首相の答弁 論理破綻/矛盾する『贈収賄の文脈』/昭恵氏は私人 罪問えず」との見出しの記事がありました。その通りだと感じることが多い記事ですので、備…

懸念はあっても希望を失わない~米朝首脳会談、在京紙の報道の記録

史上初めての米朝首脳会談となるトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の会談が6月12日、シンガポールで行われ、両首脳が共同文書に署名しました。日本人拉致問題にも直接、影響することもあって、日本のマスメディアも大きく報じています…

安倍内閣支持層は「モリカケ」に関心ない(毎日新聞調査)~支持率が4割~3割で下げ止まる理由

全国紙の新聞社や通信社、NHK、民放各局はおおむね月に1回、定例の電話世論調査を行っています。各社とも最初に訪ねるのが、現在の内閣を支持するかどうかの内閣支持率です。5月の世論調査の安倍晋三内閣の支持率は、目に止まったところでは以下のよう…

起訴せずに済む理由ばかり集めたのか? 森友問題「38人不起訴」

前回の記事の続きになります。少し時間がたちましたが、備忘も兼ねて書いておきます。 森友学園への国有地売却を巡っては、虚偽公文書作成や背任などの疑いで告発を受け捜査していた大阪地検特捜部が、財務省の調査結果と処分の発表より一足早く5月31日に…

「それが分かれば苦労せんのです」で済むのか~公文書改ざん、麻生太郎財務相の政治責任

森友学園の国有地売買を巡り、財務省は6月4日、公文書改ざんの調査報告書を公表しました。共同通信の出稿記事によると、改ざんは当時の佐川宣寿理財局長(前国税庁長官)が方向性を決め、理財局総務課長が中核的な役割を担ったと認定。国会審議の紛糾を恐…

18日間秘匿されたオスプレイ横田配備~自国民より米国の意向優先

4月3日の火曜日、在日米軍が突然の発表を行いました。米空軍の垂直離着陸機CV22オスプレイ5機が週後半に東京・横田基地に到着するとの内容。オスプレイは到着後に訓練を行い、そのまま横田基地を拠点に運用を開始するとのことでした。正式配備は夏ご…

証言拒否56回、佐川前国税庁長官の不誠実

少し時間がたちましたが、備忘を兼ねて書きとめておきます。大阪の学校法人森友学園への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問が3月27日、衆参両院の予算委員会で行われました。国有地が不当に安く森友学園に…

安倍内閣支持率は下落局面に~「佐川事件」では済まない森友文書改ざん ※追記・内閣支持率30・3%(NNN)、31%(朝日新聞)、33%(毎日新聞)

3月に入って、安倍晋三内閣支持率の下落傾向がはっきりしています。要因は、森友学園への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題です。16日に報じられた時事通信の調査(9~12日実施)結果では、支持率は前月と比べて9・4ポイント減の39・3…

だれが、だれの利益を守ろうとしたのか~天網恢恢疎にして漏らさず、森友学園公文書改ざん

急な展開に「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉が頭に浮かびます。大阪の学校法人森友学園へ国有地が大幅に値引きして売却されていた問題のことです。安倍晋三首相の妻昭恵氏の介在の有無が昨年来、焦点になっていました。その中で財務省が3月12日、…

佐川宣寿氏の国会招致を求める民意

世論調査結果で、前記事に続いてもう1件です。 森友学園への国有地売却問題に関連して、佐川宣寿・前財務省理財局長(現国税庁長官)の昨年の国会での答弁に、虚偽だったのではないかとの指摘が強まっています。そのことに関連しては産経新聞・FNNとNH…

新市長の公約に「米海兵隊の県外、国外移転」~沖縄・名護市長選の結果は「辺野古移設容認」に直結していない

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題で注目された沖縄県名護市長選は2月4日の投開票の結果、前市議の新人、渡具知武豊氏が3選を目指した現職の稲嶺進氏を破って初当選しました。移設阻止を前面に掲げる稲嶺氏に対し、市議時代の渡具…

民意から浮かび上がる「安倍改憲のジレンマ」

先日の週末に実施された世論調査の結果がいくつか報じられています。目に止まった主な内容を備忘を兼ねて書きとめておきます。 安倍晋三内閣の支持率は53・1~44%。過去のどの時点の調査結果と比較するかによって差異はありますが、上昇・安定傾向にあ…

苦情の矢面に立つ職員にも謝罪の姿勢なし~“メディア初登場”の佐川国税庁長官

国税庁長官の佐川宣寿氏と言えば、前財務省理財局長として、大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題の国会答弁で事実確認や記録の提出を拒み続け、批判を浴びたことで知られます。国税庁長官という昇格人事に対しても疑問視する声がありました。国…

あからさまに武器購入増を求めたトランプ大統領~日米首脳会談のニュースバリュー

米国のトランプ大統領が11月5~7日、日本を訪問しました。5日は東京の米軍横田基地に大統領専用機で乗り付け、安倍晋三首相とゴルフ。6日は天皇と会い、その後、安倍首相との首脳会談、北朝鮮拉致被害者の家族との面会を経て、安倍首相との共同記者会…

基地集中、辺野古、沖縄の民意またも明らか~衆院選雑感

少し時間がたちましたが、衆院選の結果に思うところを備忘を兼ねて書きとめておきます。 ◆希望が立たなかった新潟、沖縄は非与党が勝ち越し 議席数は自民党の大勝に終わりましたが、小選挙区を都道府県別に見てみると、新潟と沖縄では非与党が勝ち越しました…

「安倍政治」への民意と選挙結果にズレ

衆院選は10月22日に投票が実施されました。台風の影響で開票作業は一部の自治体で23日まで行われ、全465議席が確定したのは23日夜になりました。自民党281、公明党29で与党は計310議席。野党は立憲民主党54、希望の党50、共産党12…

安倍晋三首相への厳しい視線~備忘:衆院選 終盤情勢の報道

衆院選の22日の投開票を前に、新聞各紙が情勢調査の結果を報じています。①自民党は堅調②希望の党失速③立憲民主党に勢い、第2党(野党第1党)をうかがう―といった点が共通しているようです。 その一方で、各紙の調査結果を見ていて浮かび上がるのは、安倍…