秘密保護法案

秘密保護法から考える「マスメディアと戦争」〜民放労連の学習集会で話したこと

週末2月2日の日曜日、民放各局の労働組合でつくる「民放労連」の近畿地方ブロック組織である近畿地連からお招きをいただき、京都市で開かれた学習集会で特定秘密保護法とマスメディアをテーマに、話をさせていただきました。 参加者は近畿地方の民放局の労…

秘密保護法廃止、安倍首相退陣求め、むのたけじさんらが会見

東京で14日、日本ジャーナリスト会議(JCJ)とマスコミ9条の会が開いた記者会見にジャーナリスト、むのたけじさんや作家の澤地久枝さん、落合恵子さんらが出席し、特定秘密保護法の廃止と安倍晋三首相の退陣を求めて、広く運動に取り組むことを表明し…

備忘:民意の支持を減らす一方の秘密保護法〜マスメディア各社の世論調査結果

少し時間がたってしまいましたが、備忘を兼ねて書き留めておきます。 12月6日に特定秘密保護法が参院で強行採決され可決、成立した後、マスメディアの世論調査結果がいくつか公表されました。そのうち、秘密保護法への賛否を直接尋ねた質問文と結果は以下…

共謀罪新設は憲法改正に匹敵する大きな問題〜2006年当時の反対運動の経験から

特定秘密保護法の後は共謀罪とのことです。法案が実際に出てくるのか、出てくるとしたらどんな内容のものか、分かるのはまだ先でしょうが、基本的にわたしは共謀罪には大きな疑問を持っています。憲法改正にも匹敵する大きな問題であり、秘密保護法のような…

「不断の努力」で守る自由と権利〜備忘・秘密保護法成立の各紙社説

特定秘密保護法が6日に参院で採決が強行され可決、成立したことに対して、大阪で手にした各紙の扱いは前回の記事で紹介した通りです。ほかにネットのブロック紙、地方紙のサイトで社説を調べてみました。これまでと同じく網羅的な調査ではありませんが、1…

備忘・秘密保護法成立の各紙紙面〜安倍政権・与党への姿勢の違いは紙面にどう表れたのか

特定秘密保護法が6日夜、参院で採決強行、可決され成立したことに対し、わたしが身を置く関西で新聞各紙がどのように報じたか、朝日、毎日、読売、産経、日経の全国紙5紙(いずれも大阪本社発行の最終版)と京都新聞の7日付朝刊紙面を点検しました。各面…

秘密保護法は成立したが、これで終わりではない〜6日付各紙の記録

特定秘密保護法案は12月6日夜、参院本会議で与党が採決を強行しました。自民、公明両党の賛成多数で可決。特定秘密保護法が成立しました。「特定秘密保護法が成立 与党、採決強行」(47news=共同通信) http://www.47news.jp/CN/201312/CN201312060100…

毎日社説「与党議員は良心に照らし考えよ」神戸社説「全て白紙委任したわけではない」〜秘密保護法案、強行可決控えた5日付各紙 ※追記:東京新聞・「たちかぜ」訴訟遺族の危惧

特定秘密保護法案は12月5日午後、多々問題を残したまま、参院国家安全保障特別委員会で自民、公明両党の賛成多数によって可決されました。そのまま5日中に本会議で採決強行との見通しも一時は伝えられましたが、この記事を書いている5日6日未明の時点…

「与党強行」か、「首相答弁」か、割れるニュース価値判断〜緊迫する秘密保護法案審議、4日付各紙

特定秘密保護法案をめぐる参院の審議が緊迫しています。政府、与党は5日の国家安全保障特別委の質疑終了後に採決する方針で、採決強行も辞さず、5日中に本会議で採決し成立させることもありうると伝えられています。 ※「秘密法案きょう参院委採決 成立強行…

取材相手、情報源を萎縮させれば、報道は発表しか伝えられなくなる〜参院参考人の新聞労連委員長が指摘したことの意味

特定秘密保護法案は、与党が国会会期末の6日までに参院の採決を強行する構えと伝えられています。参院国家安全保障特別委の3日の議事進行も、野党の反対を押し切って与党が賛成多数で決めました。 ※毎日新聞サイト「会期末迫り攻防激化 野党7党が緊急集会…

「反対」50%「賛成」25%、差が拡大、朝日新聞調査〜秘密保護法案、2日付各紙

衆院を通過し参院で審議に入っている特定秘密保護法案について、朝日新聞が12月2日付の朝刊に、法案に「賛成」25%に対し「反対」が50%だったとの世論調査結果を掲載しました。1面トップの扱いです。調査は11月30日〜12月1日に実施。同じ質…

「国民は選挙の時だけの主権者」か〜秘密保護法案衆院通過に批判の社説多数

問題が多い特定秘密保護法案が26日の採決強行で衆院を通過しました。このことを全国の新聞が社説でどのように取り上げたか、ネットで各紙のサイトを見てみました。27日から30日までに少なくとも35紙(中日新聞と東京新聞は同じ社説なので1紙にカウ…

「数の力にものを言わせた横暴」「あぜんとする強行劇」の秘密保護法案、衆院通過〜27日付の新聞各紙の社説、紙面

特定秘密保護法案の衆院通過を報じる27日付朝刊各紙の記録です。 わたしが身を置く大阪で目にした朝日、毎日、読売、産経、日経、京都、神戸の7紙のうち、日経を除く6紙が1面トップで報じました。日経は1面準トップで、ちなみに1面トップは経済紙らし…

可決の「強行」を伝えた新聞、伝えなかった新聞〜秘密保護法案、衆院を通過

特定秘密保護法案は26日午前、衆院の国家安全保障特別委員会で採決が強行され可決、次いで夜には衆院本会議に緊急上程され、自公とみんなの党の賛成で可決されました。 ※「秘密法案、衆院通過強行 与党、今国会成立の方針」(47news=共同通信、2013…

根強い世論の反対〜秘密保護法案「反対50%、賛成26%」日経・テレ東、「反対41%、賛成45%」共同通信

問題が多い特定秘密保護法案をめぐる世論調査結果が2件、報じられました。日本経済新聞・テレビ東京と共同通信で、いずれもネットは24日にアップ、新聞紙面では25日付朝刊に掲載されています。 日経新聞・テレビ東京の調査は22〜24日に実施。法案に…

戦争を許容する発想は「表現の自由」「知る権利」を制限する

24日の日曜日、全国保険医団体連合会(全国保団連)の機関紙誌交流会にお招きをいただき、日帰りで上京しました。全国保団連とは、開業医や勤務医の方々でつくる各地の保険医協会・保険医会が加盟する全国組織です。 ※全国保険医団体連合会 http://hodanre…

信濃毎日新聞「今できること 声を上げ行動に移そう」〜秘密保護法案の批判、連日社説に ※追記 佐賀新聞、読売新聞

特定秘密保護法案に対する新聞各紙の社説の続きです。前回の記事の後、11月17日付以降、23日付までの社説を各紙のネット上のサイトで調べてみました。ネットでは社説を公開していない新聞もあり、これまでと同じくすべての新聞を網羅した調査ではあり…

「反対」を口にする人々を報じる新聞、報じない新聞〜秘密保護法、22日付の各紙

特定秘密保護法案をめぐる22日付の新聞各紙朝刊を見ながら、各紙ごとの姿勢の違いがはっきり表れた紙面として、後世に残してもいいかもしれない、と思いました。前回のこのブログ記事で書きましたが、21日は全国各地でこの問題だらけの法案に反対する集…

「違憲状態の衆院が憲法違反の法案を通すことは認められない」〜付記・秘密保護法案、21日付の新聞各紙

特定秘密保護法案は、自民、公明両党にしてみれば11月20日の日本維新の会との修正合意で衆院審議のヤマを越えたということなのでしょうか。21日は、対案をまとめた民主党との協議のほかに目立った動きはなく、その協議も平行線だったと報じられていま…

自公と維新が修正合意「改憲への一里塚」〜秘密保護法案、20日付の新聞各紙

特定秘密保護法案は20日、衆院で与党自民、公明両党と日本維新の会の修正協議が続き、同日夜には合意となりました。既にみんなの党との修正協議が終わっており、4党の圧倒多数の賛成で、成立の見通しとなったと伝えられています。※「秘密法案、自公と維新…

12月5日に京都で「『秘密保護法の問題点を解明する』、見ざる、聞かざる、言わざる社会はごめんだ」

お知らせです。 「京都ジャーナリスト9条の会」には以前、わたしもお招きをいただき、お話をさせていただきました。 京都ジャーナリスト9条の会からのお知らせ 12月5日、6:15 ウイングス京都 「秘密保護法の問題点を解明する」、見ざる、聞かざる、言わざ…

「自公は成立ありきだ」みんな、維新との修正合意急ぐ〜秘密保護法案、19日付の新聞各紙

表現の自由が危うくなるとの批判が強い特定秘密保護法案をめぐって、国会の動きが慌ただしくなっています。18日には自民・公明の与党とみんなの党が、特定秘密の指定に首相が関与するとの修正で合意しました。19日には与党と日本維新の会の修正協議があ…

疑念強まる特定秘密保護法案〜各紙社説も「反対」「批判」

批判を浴びている特定秘密保護法案は、衆院で審議入りして1週間余りがたちました。この間の質疑では、疑問点が解消するどころか、逆に法案の問題点と早期成立を図ろうとする政権の側の危うさが一層鮮明になったように見えます。15日には与党と一部野党が…

特にマスメディアで働いている方へ〜再掲「秘密保護法の制定に反対する言論・表現関係者の声明」

以前の記事で紹介した「秘密保護法の制定に反対する言論・表現関係者の声明」を再掲します。 賛同する場合は、賛同署名集約先 mail@mediasoken.org か、FAX:03-3226-0684 まで、「氏名」「公表するときの肩書」を連絡すればよいそうです。第1次集約の締切…

世論調査は反対50.6〜42%、特定秘密保護法案で朝日、毎日、共同

特定秘密保護法案をめぐり朝日新聞、毎日新聞の2紙が11月12日付朝刊に電話世論調査結果を掲載しました。法案に対する賛否では朝日が賛成30%、反対42%、毎日は賛成29%、反対59%です。少しさかのぼって、共同通信も10月28日付朝刊用に電…

「反対」「批判・疑問」が圧倒〜秘密保護法案審議入り前後の新聞社説

批判が多い特定秘密保護法案が11月7日、衆院で審議入りしました。関西の新聞各紙がどのような扱いで報じたかは、このブログで既に報告したとおりです。この法案が10月25日に安倍晋三内閣で閣議決定された際には、全国の新聞各紙が社説でどんな風に取…

お知らせ「秘密保護法の制定に反対する言論・表現関係者の声明」

特定秘密保護法の制定に反対して、ジャーナリストやメディア研究者らが呼び掛け人になって「秘密保護法の制定に反対する言論・表現関係者の声明」への賛同を募っています。呼び掛け人の中には、わたしが直接面識をいただいている方も少なくなく、ここで紹介…

「反対」を表明している新聞は情報が多い〜特定秘密保護法案審議入りを伝える関西各紙の比較

外交や安全保障、テロなどの情報を指定し、公務員が漏えいした場合の罰則を強化する内容の特定秘密保護法案が11月7日、衆院で審議入りしました。本会議で趣旨説明と各党の質疑が行われ「安倍晋三首相は秘密解除のルールについて『一定期間の後に一律に秘…

地方紙は「反対」「慎重姿勢」が圧倒〜秘密保護法案国会提出に対する新聞各紙社説

外交や安全保障、テロなどの情報を指定し、公務員が漏えいした場合の罰則を強化する内容の特定秘密保護法案が10月25日、安倍晋三内閣で閣議決定され、衆議院に提出されました。間もなく審議が始まる見通しです。曲折を経て法案には知る権利や報道・取材…