「年越し派遣村」ボランティアの「とね」様のご質問

 年末の12月31日から東京・日比谷公園に開設されていた「年越し派遣村」が1月5日、区切りを迎えて終了しました。1月4日のエントリー「他人事ではないから『年越し派遣村』を報じる意味は大きい」の「追記」でリポートを引用、紹介したボランティアの「とね」様から当ブログにコメントをいただきました。コメント欄にも掲載していますが、ここにも紹介します。

 私の記事を取り上げていただき、ありがとうございました。(遅まきながら失礼しました!)
 その後、もうひとつ派遣村についてのレポート記事を加えました。「1月4日の年越し派遣村レポート」というタイトルです。こちらは取材手法について私のかなり突飛なアイデアを紹介しています。ニュース報道は中立性が要求されると思いますので、そのアイデアのように過度に派遣村に賛同する姿勢で報道していいものかどうか素人の私には判断がつかない部分が残ってしまいました。個人的には賛同している形で取材、報道してほしいのですが、報道倫理との兼ね合いが私にはわからなくなっているわけです。
 美浦様は労働問題やマスメディアについての記事をたくさん書いていらっしゃるようなので、お考えをお聞かせいただければうれしいと思い、コメントさせていただきました。

 「とね」様のブログ「とね日記」の3本目のリポートはこちらです。
 「1月4日の年越し派遣村レポート

 ご質問に答えてみたいのですが、考えを整理するのに少し時間をいただきたいと思います。後日、あらためて書きます。「とね」様、ご容赦ください。