8月の「記者体験プログラム」の説明会は今週5日

 以前のエントリー(「6月5日にスイッチオン・プロジェクトの夏イベント説明会〜トークセッションに登壇します」)でもお知らせしましたが、スイッチオン・プロジェクトが8月6〜8日の2泊3日、大学生・大学院生を対象に計画している「記者体験プログラム」の説明会が今週末の6月5日(土)午後3時から、東京・早稲田大で開かれます。参加登録を受け付け中です。
 取材したことを文章にまとめ、人に伝えるスキルはプロのジャーナリストならずとも、どんな仕事に就いても役立ちます。また、インターネットとソーシャルメディアの広がりでだれもが情報発信できるようになった今、ジャーナリズムは新聞や放送、出版など既存のマスメディアの占有物でもありません(学生もジャーナリズムの担い手たり得ます)。
 伝えることに興味がある大学生、大学院生の方、6月5日の説明会にどうぞお越しください。わたしもトークセッションに登壇します。
 ※説明会の詳細や参加登録はプロジェクトのブログもご覧ください。
 ※6月8日から12日にかけては、ミニ説明会が東海大国際基督教大、立教大、慶応大でも順次開かれます。こちらは事前の申し込みは不要です。
 プロジェクトのブログ http://blog.goo.ne.jp/321switchon

 以下に6月5日の説明会についての学生運営委員のPRメールを紹介します。

「スイッチオンPJ 記者体験プログラム」説明会
――――――――――――――――――――
 「記者体験プログラム」では、実際に取材・執筆を行って、ジャーナリストのスキルを2泊3日で体験。現役ジャーナリストや他の学生とチームとなり、いち早く真実を暴きながらスクープを探します。

 今回の説明会では、夏のプログラムに参加予定の現役ジャーナリストが参加。経験を通して知った「伝える楽しさ」について話し、みなさんの質問にも直接回答します。また、去年の参加学生の体験談もあります。

 現役のジャーナリストと学生が、本気でぶつかりあいながら学びあっているスイッチオンプロジェクト。記者に憧れがある、書くことが好き、なにか面白いことがしてみたい…そんな方に、ぜひ参加していただきたいなと思っています。

【日時】
6月5日(土)14:30開場、15:00開始、 17:00終了予定
【開催場所】
早稲田大学早稲田キャンパス1号館401教室(東西線 早稲田駅より徒歩5分)
【登壇者】
・河井孝仁(東海大学文学部広報メディア学科教授)
・川上慎市郎(グロービス経営大学院准教授)
・田中 輝美(山陰中央新報社東京支社記者)
美浦克教(通信社勤務)
・藤代裕之(スイッチオンPJプログラムディレクター・ジャーナリスト)
【募集要項】
・大学生・大学院生対象(学年不問)
・定員80名
・参加費無料
詳細の確認と、申し込みはこちらからお願いいたします。
http://blog.goo.ne.jp/321switchon/e/26b153a978a159bc8a2e0076963157fb
また、ご質問等がありましたらお気軽に運営委員まで連絡をお願いします。
321switchon@gmail.com

 8月の「記者体験プログラム」では、学生たちの指導役も募集します。条件は「記者やジャーナリスト、エディター、研究者として実務経験が5年程度あること、何事にも学ぶ姿勢がある方(教えてやるではなく)、そして何より書く事、伝える事にこだわりがある方」です(プログラム・ディレクターの藤代裕之さんのブログ「ガ島通信」より)。
 ※ガ島通信「夏イベント『記者体験プログラム』指導役の募集について(記者・ジャーナリスト・エディター・研究者の皆様へ)」
 http://d.hatena.ne.jp/gatonews/20100531/1275316847

 プロジェクトのリーフレットもできました。