4月30日に東京で緊急シンポ「原発事故とメディア」

 お知らせです。4月30日(土)に東京で「緊急シンポジウム『原発事故とメディア』」が開かれます。主催はメディア総研(メディア総合研究所)と開かれたNHKをめざす全国連絡会です。以下はメディア総研のサイト http://www.mediasoken.org/ からの引用です。
 シンポのチラシ(PDFファイル)もあります。
 20110430メディア総研緊急シンポ「原発事故とメディア」.pdf 直

緊急シンポジウム 「原発事故とメディア」

日本大震災から1ヵ月を経て、なお予断を許さない状態が続く福島第一原子力発電所
いま、福島では何が起きているのか?
それをメディアは正しく報道できているのか? 

基調講演 :広河隆一(フォトジャーナリスト・『DAYS JAPAN』編集長)

パネリスト:後藤政志(元東芝 原子炉設計技術者)渡辺 実(防災・危機管理ジャーナリスト)寺尾克彦(福島放送労働組合

コーディネーター:砂川浩慶(立教大学准教授)

日時:2011年4月30日(土) 午後1時30分〜4時30分
会場:新宿歴史博物館・講堂
   新宿区三栄町22番地 
JR・東京メトロ四ツ谷駅」下車 徒歩10分
東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅」下車 徒歩8分 
都営地下鉄新宿線曙橋駅」下車 徒歩8分
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=91

入場無料

主催:メディア総合研究所・開かれたNHKをめざす全国連絡会

問い合わせ:メディア総合研究所事務局
Mail:mail@mediasoken.org