大阪で起きていることはいずれ全国に

 この1週間余り、大阪では橋下徹大阪市長と橋下氏が代表の「大阪維新の会」をめぐるニュースが相次ぎ、大阪のマスメディアも大きく報じました。橋下氏と維新の会は国政進出の意向を鮮明にし、大阪での政策を選挙公約に盛り込む方針も示しています。マスメディア各社の世論調査で橋下氏が高い支持を得ている状況では、維新の会が次期衆院選で国会に一定の影響力を持つ議席を獲得することも現実味があります。その意味では、今、大阪で起きていることはいずれ国政の場で、全国で、起こる可能性があります。
 この1週間余りの出来事で個人的に強く印象に残っているのは、維新の会の国会議員候補者の養成機関「維新政治塾」が24日に開講したことです。受講生は計2000人余。あいさつで橋下氏は「今の日本は危機的状況」「国の形を本気で変えるため、大勝負しないといけない」と表明しました。「大いくさ(戦)」という言葉まで用いたその高揚ぶりは、既成政党に対する文字通りの宣戦布告のためなのかもしれません。あるいは、憲法9条について「他人が本当に困っているときに、自分が嫌なことはやらないという価値観」と口にし、東日本大震災がれき処理が進まないのは憲法9条のため、とまで言い切る橋下氏にとって、「いくさ」の相手、対象は政党や統治の仕組みにとどまらず、不戦、戦力不保持の9条の改変をも含むのでしょうか。9条をどうすべきかについて、橋下氏は国民投票に付すべきだとしつつ、自身の考えを明言することは避けてきています。「いくさ」=戦争は、敵対するものは存在を容認しなくてもいい、という価値観です。橋下氏の9条観をもう少し掘り下げて聞いてみたいところです。いずれにせよ、わたしは、反対や異論の根強い施策であっても、いったん打ち出せば強引にでも推し進める橋下氏のスタンスや、批判に対して「いやなら選挙に出て勝てばいい」と言い放つ姿勢は、今後も変わらないだろうと感じました。それが橋下氏の言う「決定できる民主主義」なのでしょう。
 その当否はともかく、現実の政治のルールとしては選挙があり、多数決があります。現実には、選挙と多数決の結果で物事は動いていきます。だからこそ、有権者が選挙権を行使する際に、考慮に入れることができる情報は多ければ多いほどいいのです。大阪では今、橋下氏と維新の会が昨年の統一地方選の大勝と11月のダブル選挙の圧勝を「民意」として、勢いのままに、君が代の起立斉唱義務付けや不起立教員の処分、教育委員会制度の見直しなどが進んでいます。これらのニュースはそれ自体は大阪というローカルの出来事ですが、橋下氏と維新の会の国政進出という要因によって、ニュースバリューとしては大阪という一地域の枠を超えます。そのことを、在阪のマスメディアに身を置く一人として意識しておきたいと思います。

 少し時間がたってしまいましたが、以下に備忘を兼ねて、この1週間余りのこれらのニュースを在阪の大手新聞各紙などがどのように報じたのか、主な見出しとともに書き留めておきます(大手紙はいずれも大阪本社発行最終版、※京都新聞神戸新聞共同通信の配信記事)。
 大阪市交通局の職員情報リスト捏造問題では、3月30日に維新の会市議団が会見で謝意を表明しましたが、労組側への謝罪は拒否し、問題は決着とは言い難い状況です。31日付朝刊以降の各紙の報道はあらためて紹介したいと思います。

【3月23日(金)】大阪府議会で「教育行政基本条例」「府立学校条例」「職員基本条例」が可決成立

<24日付朝刊>
▽朝日
本記1面トップ「大阪府教育条例が可決」「維新・公・自など賛成8割超」
1面・解説「教委制度の実質的な否定」
第2社会面・サイド「橋下流いよいよ 現場は」「知事が目標設定不安・校長権限拡大期待」「相対評価『あいまい』組合反発」
※第2社会面に「住所届け出条例 成立」「子への性犯罪で服役出所者」の記事
▽毎日
本記1面トップ「『教育』『職員』条例成立」「性犯罪者『住所届け出』も」
社会面準トップ・サイド「『変わるきっかけに』」「『“モンスター”不安』」「教育2条例成立 保護者ら評価二分」
社会面「生野教育委員長『けじめ』と辞意」/「君が代歌わず 処分せず」「大阪府教委『確認難しく』」
※社会面に「性犯罪者の更生効果に疑問の声」の記事
▽読売
本記1面トップ「教育目標 知事が主導」「職員 相対5段階評価」「大阪府教育・職員条例 成立」「性犯罪者住所届け出条例も」
1面・解説「不当な政治介入の恐れ」
社会面トップ・ドキュメント橋下維新「知事の笑み 職員の憂い」「高校統廃合・分限免職…『あまりに急激』」
社会面「『けじめつける』府教委委員長辞任へ」
第2社会面「『競争強化』変わる大阪」「高校 生徒奪い合い」「公募幹部『質』課題」/「国家『不斉唱』教諭処分見送り 口元チェック」
第2社会面・識者談話「公教育正常化へ一歩」=小林節・慶応大教授(憲法)/「職場の雰囲気乱す恐れ」=米川英樹・大阪教育大教授(教育社会学
▽日経
本記社会面トップ「教育・職員条例が成立」「大阪府議会 維新・自公が賛成」
社会面「大阪の教育、どう変わる?(Q&A)」「知事『語学力向上』目標に」「授業評価に保護者意見」/「府教育委員長辞意を表明へ 教育条例成立で」
※社会面に「住所届け出義務化」「子供対象の性犯罪前歴者」の記事
▽産経
本記1面トップ「教育・職員条例が成立」「維新、国政進出の試金石」「大阪府知事『意識改革のスタート』」
1面・サイド「未知の課題 挑む」「学校協議会や評価手法」
第2社会面・サイド「改革うねり 保護者にも」「学区撤廃/学校運営参加/公募校長」
※第2社会面に「性犯罪者に住所届け出義務」の記事

【3月24日(土)】「維新政治塾」が大阪市で開講式

<24日夕刊>
▽朝日
本記1面トップ「維新塾 満載の船出」「開講式に2千人超」「衆院選へ『大勝負』橋下氏」
社会面トップ・雑観「橋下学校 いざ参集」「『価値観の共有を』」サイド(受講者の声)「若い世代が変える・やれそうなら国政を」
▽毎日
本記1面トップ「維新政治塾が開講」「『日本変えたい』2000人」
1面・受講者顔ぶれ「最多は会社員 官僚や医師も」
社会面トップ・受講者の声「『既成批判』多思済々」「国政出たい/震災で危機感/しがらみなく」「維新塾 野心も 無心も」
社会面「『勉強会』強調 橋下代表」「『カルチャースクールに毛が生えた程度』」
※社会面に「大阪市役所から市労連引っ越し」の記事
▽読売
本記1面トップ「維新塾 2000人の船出」「橋下代表、『大戦に備えを』」「国政進出へ開講」
1面・サイド「首長政治塾 次々誕生」「『一過性のブーム』指摘も」
社会面トップ・受講者の声「ツケ回す政治止めたい」「すべて賛同ではないが」「『維新政治塾』開講」
※社会面に「不起立の教諭 再任用せず」「大阪府教委 61歳、不服申し立てへ」/「大阪市労連が市役所から転居」の各記事
▽日経
本記1面「維新塾2000人で始動」「衆院選念頭 橋下氏『大勝負へ準備』」
社会面トップ・受講者の声「議員を志望『今の国会に立腹』」「震災で帰郷『まず大阪元気に』」「受講生、はや熱気」
▽産経
本記1面準トップ「『日本の仕組み変える』」「橋下氏 維新2000人 政治塾開講」
社会面準トップ・サイド「衆院選へ“サバイバル”」「豪華講師陣、模擬街頭演説も」
※別に3面に「経済人も『維新の志』」「大阪復活へ中小企業熱く」「橋下構想を支援」として「経済人・大阪維新の会」の記事
京都新聞
本記1面準トップ「政治塾、2000人で発足」「維新 橋下氏『国の形変える』」
第2社会面・サイド「衆院選へサバイバル」「維新政治塾開講 倍率5倍で精鋭選抜」
神戸新聞
本記1面トップ「2000人 維新政治塾開講」「衆院選に擁立見据え」「橋下大阪市長『国の形変える』」
1面・サイド「候補者選抜 倍率は5倍」「政策論争のプロ育成狙う」
第2社会面・雑観「『しっかり切磋琢磨を』」「維新政治塾開講 橋下氏、壇上からげき」

<25日付朝刊>
▽朝日
本記1面「維新塾 全国から受講」「『復興に』『社会貢献したい』」
3面・サイド「維新『中央』狙い前面に」「衆院選後にも目配り」
3面・サイド「解散戦略 割れる民・自」
第2社会面・サイド「『自助自立』政策 鮮明に」「橋下氏 小泉ブレーンから助言」
第2社会面・識者談話「地に足ついた政策つくって」=元民主党事務局長で政策アナリストの伊藤惇夫さん
※第2社会面に「不起立教諭を再雇用せず」/「市労連が退去」の各記事
▽毎日
3面・クローズアップ2012「衆院選『予備軍』に熱気」「勢い維持は未知数」「解散先送り論も 既成政党」
▽読売
2面「維新塾 東京でも講義検討」「『既成政党にプレッシャー』」
4面(政治面)「維新 国政選へ一歩」「民自 警戒し距離置く」「公明 選挙支援に期待」
第2社会面・ドキュメント橋下維新「旧敵弁護士『発信力学ぶ』」「民主市議『党に愛想尽きた』」「維新塾 様々な動機」
▽日経
2面「維新、国政進出へ始動」「与野党、警戒と期待」
▽産経
3面「他党ピリピリ」「『既成政党に国民怒り』『敵には回したくない』」
社会面トップ「維新塾 それぞれの志」「国政へ好機/価値観共感/お祭り気分」
社会面「旧敵・今枝弁護士も参加」「『軍門に下ったとの批判覚悟』」
※社会面に「不起立教諭 再任用せず」「大阪府教委 校門前で批判ビラ」の記事
京都新聞
2面「初講義は統治機構改革」「維新政治塾 情報管理も徹底」
社会面トップ「維新針路 京滋も熱視線」「受講生 緊張の面持ち」
社会面「『選挙連携に備え勉強』」「『橋下イズム生で学ぶ』」「京滋の参加者」=自社記事
※社会面に「国歌不起立教員 再任用打ち切り」の記事
神戸新聞
社会面トップ「政治体制転換へのろし」「『大阪維新塾』船出」
社会面「『政策には興味』『将来は国政に』」「受講生の声」
※第2社会面に「高評価教員 再任用せず」「大阪府教委 不起立『実績悪い』」の記事

【3月26日(月)】大阪市交通局が会見し、同局の非常勤嘱託職員が、昨年の市長選で前市長への支援を徹底させる内容の労組の職員情報リスト(「知人・友人紹介カード」配布・回収リスト)を捏造していたことを発表

<27日付朝刊>
▽朝日
本記1面準トップ「労組の『選挙関与名簿』捏造」「大阪市発表『嘱託職員聴取』」「本人は否定」
1面・とはもの「交通局人事データの流出問題」
社会面トップ「偽情報 踊った維新」「『自作自演』見抜けず」
社会面「『労組にぬれぎぬ』橋下氏認める」
※社会面に「『都構想に理解なら、大阪都職員に』」「市議口利き 維新が調査」の記事
▽毎日
本記1面準トップ「組合リストは捏造」「大阪市交通局 パソコン履歴で断定」
1面・とはもの「大阪市長選組合リスト問題」
社会面トップ「リスト 何のため」「組合『犯人視責任を』」「維新『追及問題ない』」
※社会面に「市議よ初心に帰れ」「脅しや暴言『モラル欠如』」「大阪市職員アンケ」の記事
▽読売
本記1面準トップ「職員リスト嘱託が捏造」「交通局発表 告発者と氏名一致」「前大阪市長支援」
社会面トップ「リスト捏造 何のため」「嘱託職員 PC履歴で判明」「橋下市長『ちょっと危ないなと』」
社会面・識者談話「早期に検証を/不信感強まる」=明治学院大・川上和久教授(政治心理学)、市民グループ「見張り番」松浦米子代表世話人
※第2社会面に「議員対応 市幹部47%『負担』」「大阪維新の会アンケート 『脅された』証言も」/「水道局民営化を撤回」「橋下市長 企業団統合を優先」の各記事
▽日経
社会面トップ「嘱託職員が捏造か」「大阪市長選『職員リスト』」「交通局調査」
※社会面に「市管理職の4割『負担』」「大阪市議の要望・口利き」/「水道事業の統合 民営化より優先」の各記事
▽産経
本記1面トップ「市長選リストは捏造」「“内部告発者”が作成」
1面・サイド「維新、組合追求に痛手」
1面・とはもの「大阪市交通局職員のリスト問題」
社会面トップ・サイド「交通局また不祥事」「維新と組合 泥仕合も」
社会面・サイド「組合に不満?罠?広がる憶測」
※第2社会面に「議員対応 半数が『負担』」「維新が市幹部アンケート」/「『中学内申 絶対評価に』」「教員『絶対』なのに理屈通らぬ 橋下市長」/「府市特別顧問4氏経済界に支援訴え」/「松井知事『片付け 勤務時間外に』」/「維新政治塾を兵庫知事牽制」の各記事
京都新聞
社会面準トップ「組合リストは捏造」「交通局発表 嘱託職員が作成」
社会面・サイド「怒りの組合『ぬれぎぬ着せられた、検証を』」「『職員の責任、何ら問題ない』強気の維新」
※社会面に「維新・市議団が口利き調査公表」の記事
神戸新聞
社会面準トップ「『組合リスト』は偽物」「交通局発表 『嘱託職員が捏造』」
社会面・サイド「維新の会『勇み足』」「信ぴょう性検証せず」

【3月27日(火)】大阪市交通局の調査に非常勤嘱託職員の男性がリスト捏造を認める。この職員が維新政治塾に応募していたことも判明

<27日夕刊>
▽朝日
社会面準トップ「嘱託男性、捏造認める」「大阪市職員リスト 交通局聴取に」「労組に反感『騒ぎになると』」
▽毎日
社会面「職員 捏造・告発認める」「リスト問題『正義感でやった』」
▽読売
社会面準トップ「嘱託職員 捏造・告発認める」「支援リスト 大阪市が解職へ」
▽日経
社会面「捏造、内部告発者と同一」「市長選職員リスト 維新市議が見解」
▽産経
第2社会面「非常勤職員、捏造・流出認める」「市長選リスト 交通局、解雇へ」

<28日付朝刊>
▽朝日
第2社会面「維新きょう経緯説明」「捏造リスト問題、議会で」
※1面に「原発投票条例を否決」の記事(本記、サイド、社会面に雑観、サイド)
※第2社会面に「不起立15教諭戒告」「大阪府教委処分 計32人に」/大阪府教育委員長 知事に辞意伝える」/「口利き 全市議が否定」「大阪、採用・異動調査」の各記事
▽毎日
社会面トップ「職員 維新塾に応募」「橋下市長支持 動機か」
※2面に「脱原発依存 決議へ」「大阪市議会 住民投票条例を否決」の記事
※社会面に「不起立教諭15人処分」「全29人戒告」/「府教育委員長の辞任を知事了承」/「市教育委員1枠 全国の30人応募」/「口利き調査回答『ゼロ』」の各記事
▽読売
第2社会面「大阪市議会 リスト捏造で紛糾」「審議 未明にずれ込む」「維新側に説明要求」
※第2社会面に「口利き『ない』全86議員回答」/「原発住民投票条例『意義乏しい』否決」/「支援リスト捏造 嘱託職員を解雇」/「府教育委員長 辞職願を提出」/「国歌斉唱不起立で10校15人を処分」の各記事
▽日経
社会面「嘱託職員、維新塾に応募」「受講生には選ばれず」
※社会面に「原発稼働問う住民投票条例案 大阪市議会が否決」/「君が代不起立で新たに12人戒告」の各記事
▽産経
社会面トップ「捏造『正義感で』」「交通局 非常勤職員を解雇」「維新政治塾に応募」
※社会面に「大阪市議口利き『ゼロ』」/「原発住民投票条例案を否決」の各記事
※第2社会面に「不起立教諭15人戒告」「大阪府教委 国歌斉唱で『あぐら』も」/「府教育委員長 辞職願を提出」の各記事

京都新聞
社会面準トップ「提供者が維新塾応募」「『橋下市長を応援』」「大阪市交通局リスト捏造」
※社会面に「新たに15人不起立戒告 大阪府教委」の記事
神戸新聞
1面「捏造職員が維新塾応募」「『橋下市長の活動応援』」「大阪市交通局 組合リスト」
第2社会面「捏造問題で本会議空転」「公表の市議辞職要求も」
※第2社会面に「原発住民投票条例案を否決」/「維新と自公 急接近」「『新3派』体制へ移行鮮明 大阪市会」の各記事