「既成政党との連携に含みを残すジレンマ」〜橋下新党立ち上げの各紙報道

 大阪維新の会は12日夕、大阪市政治資金パーティーを開き、代表の橋下徹大阪市長は新党「日本(にっぽん)維新の会」結成を正式に宣言しました。次期衆院選に向け「今日から全国でものすごい大戦(おおいくさ)が始まる。一緒に日本の新しい道をつくっていきたい」と、支持拡大を呼びかけたと伝えられています。
 「橋本新党」の事実上の立ち上げとあって、大阪発行の13日付朝刊各紙も1面で報じました(主な記事は後掲)。中でも読売新聞は力が入っており、本記は1面トップ、社説のほか、1ページを丸ごと使った識者3人の大型評論と大量の出稿。社説の見出しなどから分かるように、全体として新党結成にかなり厳しいトーンです。同紙の伊藤俊行編集委員は署名評論記事の中で「橋下氏が次期衆院選に出馬しないことも、分かりづらい」「政権選択の選挙の段階で、誰が首相候補か示さない政党を支持しろというのは乱暴だ」と指摘。橋下氏は現在、自身の国政への転身を否定していますが、橋下氏が本当に市長職をまっとうするのか、それとも自ら次期衆院選に出馬するのかは今後、大きな焦点になりそうです。
 パーティーの模様を伝える雑観記事の中では、産経新聞が「橋下氏のあいさつが終わった途端に多くの人が波を打って退出」などと詳述しているのが目を引きました。各紙とも、人材確保や資金繰りなどの態勢面でも、維新八策をはじめとする政策面でも、総じて新党に厳しい見方を打ち出しています。
 神戸新聞に掲載されている連載企画「維新政党の課題」は共同通信の配信。既成政党を批判する橋下氏と新党が、次期衆院選では候補者を大量に擁立して議席過半数獲得を狙うと公言しながら「急造の新党に資質を伴う人材がそろう見通しは立っておらず、批判対象としてきた既成政党との連携に含みを残すジレンマを抱え込んでいる」と端的に指摘しているのが印象に残りましたしています。
 以下は各紙の主な記事と見出しです。※全国紙は大阪本社発行の最終版

▽9月13日付朝刊=「日本維新の会」結党を宣言
【朝日】
1面「『日本維新』結党を宣言」「候補者公募、週内に開始」
3面(総合面)「船出維新 資金の壁」「交付金は来年 企業・団体献金『禁止』」/「新党ロゴマーク尖閣竹島
第2社会面「識者はこう見る」元新党さきがけ代表で元滋賀県知事の武村正義氏「首長・国政 両立無理」/元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏「外交・安保 気になる」

【毎日】
1面「日本維新の会 350人擁立」「衆院選方針 橋下氏が結党宣言」
3面・クローズアップ「『極論』掲げ存在感」「支援、資金に課題 現実的判断も」
社会面トップ「国政へ高揚と不安」「『日本を変えたい』」「『政策実現に疑問』」

【読売】
1面トップ「日本維新の会 結党宣言」「第3極 衆参7議員参加」
1面「愛媛・松山維新が合流」「減税日本との連携 否定的」
2面「政党が『ふわっと』では困る」伊藤俊行編集委員の署名評論記事
3面・スキャナー「維新 衆院選へ急発進」「大阪以外基盤なし」「地方勢力の糾合模索」「『ケンカ民主主義』で台頭」
3面・社説「国政改革への道筋が見えない」
15面(1ページ)・識者評論・「扇動型のポピュリズム」京大教授・佐伯啓思氏/「財政目標欠く『維新八策』」中央大法科大学院教授・森信茂樹氏/「外交の理念 どう具体化」外交評論家・岡崎久彦
社会面トップ「維新人気は西高東低?」「四国に熱気 東京・愛知は今ひとつ」「議員『大阪に脚光 秀吉以来』」

【日経】
1面「日本維新の会 結党正式宣言」
3面「維新 無党派層に照準」
社会面トップ「国政進出 期待と不安」「橋下氏『日本を再生』」「市政との両立、職員は懸念」

【産経】
1面「日本維新の会 結党宣言」「橋下氏『全国で大戦やる』」
3面「維新 渦巻く熱気と不安」「乏しい戦略、東京と大阪…意思決定に時間も」/「過去のブーム教訓? 国政政党化急ピッチ」
社会面トップ「橋下節『道なき道進む』」「個人頼み?挨拶済めば多数退席」/「日本の救世主/市長として頑張って」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【京都】
2面・社説「見えぬ国政進出の真意」
5面「日本維新 結党を宣言」「橋下氏『全国で大戦』」/連載企画・検証大阪維新八策(5)憲法改正「本音は9条切り崩しか」

【神戸】
1面「橋下氏『全国で大戦』」「日本維新の会結党宣言」
2面「橋下氏 満面の笑み」「結党宣言 全国から4千人集結」
2面・連載企画・維新政党の課題(上)大量候補擁立「人材確保 見通し立たず」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 橋下氏は13日には集団的自衛権の行使を容認する考えを表明しました。
 「橋下氏、集団的自衛権行使を容認 『権利あれば当たり前』」
 http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012091301001517.html
 この言説自体に目新しさはありません。橋下氏の憲法観がまた一つ明らかになったという意味で、社会にとっては意義があるニュースだと思います。この発言を新聞各紙がどう報じたかもチェックしたいと思います。