衆院選序盤情勢の報道への各党の反応

 衆院選の序盤情勢について新聞各紙が12月6日付の朝刊で一斉に自民党の優勢を報じたことに、各党も衝撃を受けたようです。各紙とも今度はそろって7日付の朝刊に、各党の反応をまとめた記事を掲載しました。全国紙5紙と京都新聞神戸新聞の見出しは次の通りです。全国紙5紙は大阪本社発行の最終版の紙面です。

▼12月7日付朝刊:序盤情勢に対する各党の反応まとめ
【朝日】2面「序盤情勢 各党に衝撃」「民主幹部『解散時期を間違えた』」「嘆く橋下氏、自民批判強める」「安倍氏が檄文『踊らされるな』」
【毎日】2面「維新、優勢自公に矛先」「未来・みんな 支持広がり欠き」「民主 第三極批判強め」「共産・社民 埋没に危機感」
【読売】4面(政治面)「『優勢』自民 緩み警戒」「序盤情勢 接戦区に幹部投入へ」「維新、自民票批判に照準」
【日経】3面「第三極 戦略見直し」「維新、近畿以外が課題」「未来、知名度向上狙う」「序盤情勢 伸び悩み」/4面「逆風 民主に衝撃」「序盤情勢『これほど悪いとは』」「重点区、80に絞り込み」「優勢自民、引き締め」
【産経】3面「維新 揃わぬ両輪」「未来 『がっくり』」「第三極 苦戦」「序盤戦報道 波紋」
【京都】2面「自民、引き締め躍起」「『政権前夜』ムード…早くも人事構想」「圧勝報道の余波」
【神戸】2面「自民 文書で引き締め」「目標届かず?焦る公明」「首相 巻き返し懸命」

 民主党の際立った苦戦が報じられたことで、焦りもあったのでしょうか。7日午後には藤村官房長官北朝鮮のミサイル実験をめぐり「さっさと月曜日(10日)に上げてくれるといいんですけどね」と失言。職務の性格上、なかなか東京を離れられず、この日はようやく地元の大阪府吹田市に来ていたところでした。2回目の地元入りはあるのか、との質問に対して答える中で出たのがこの失言です。
 ※「『さっさと打ち上げて』と藤村氏 ミサイルで失言、辞任要求も」(47news=共同通信
  http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120701002302.html
 序盤情勢の報道は、互いにけん制し合っている第三極の各党もショックは大きかったようです。それまで街頭演説などで日本未来の党の「卒原発」公約を激しく批判していた日本維新の会橋下徹代表代行が自民党批判を強める戦術に転じるなど、目に見える変化も出ているようです。

 そのほか7日付朝刊と7日夕刊の主な記事、目についた記事は以下の通りです。
 ※原則として1面と社会面から2本ずつを対象にしています。そのほかの面(ページ)にも少なくない選挙記事がありますが、特に目についたもののみを書き留めています

▼7日付朝刊
【朝日】
1面「語られぬ社会保障」(公約を問う4)
第2社会面「細り行く美しい農村」(あした、どこへ 課題の現場で 2棚田=農村)
※4面「安保の課題 どう解消」=元外務事務次官 谷内正太郎さん(ここに注目総選挙)

【毎日】
1面トップ「世代格差いつ是正」「膨らむ高齢者医療費」「健保46%負担 現役恩恵薄く」(選択の手引)
1面「歴史の重み受け止めて」=岸俊光・東京本社学芸部長(私の視点)
社会面トップ「世襲問題より地域再生」「公募『3世』批判に敏感も…」広島4区(焦点区から)

【読売】
1面「『言葉遊び』の原発論戦」(現場から3)
社会面トップ「無党派の風 読めず」「絶大『橋下人気』批判で応戦」大阪8区(激戦の構図3)

【日経】
1面(選挙関連記事なし)
社会面「『雇用守って』城下町切実」「派遣社員『具体策示す候補に』」「岐阜4区、ソニー工場閉鎖」(明日のために)

【産経】
1面トップ「代替なきスピード競争」「『脱原発』一色」東京18区(乱戦の焦点・上)
社会面トップ「倒産増加 もう限界」「不況・円高『政治に期待しない』」中小企業支援(争点をゆく2)

【京都】
1面「身内から離反 票奪激化」(前線ルポ 上 京都1区)
第2社会面「『ゼロ』実現 道程見えず」(単答直入・候補者アンケート2原発
※32面(震災面)「『候補者の主張届かない』」「悩む福島県外避難者」

【神戸】
1面「第三極乱立 読めぬ『風』」(激流ひょうご師走決戦1離合集散)
社会面トップ「郵政票 行方定まらず」「改正法成立に3党“貢献”」「自民陣営は回帰に期待」

▼社説
【朝日】「総選挙 論戦後半へ 自民党への風の意味」
【毎日】「衆院選こう考える 脱原発と再稼働 説得力ある工程表示せ」
    「視点 時代錯誤の公選法 『有権者不信』から転換を」=人羅格論説委員
【読売】「衆院選 領土外交 冷静に主権を守る知恵が要る」
【日経】「衆院選 政策を問う 受け身ではなく世界の舞台回す通商論を」
【産経】「駆け込み届け出 疑念腫らす説明聞きたい」※橋下徹氏のツイッター
【京都】「外交と領土 関係深化の方策を語れ」※最後の段落で沖縄に言及
【神戸】「憲法問題 必要なのは冷静な議論だ」

▼7日夕刊
【朝日】
第2社会面「共産・社民 脱原発前面に」「『特別区』で総力戦 京都1区」「19年ぶり候補擁立 福井1区」「競い合って存在感 大阪4区※護憲も」
第2社会面「英雄待望は自殺願望 政治への信頼」=映画作家想田和弘さん

【毎日】
1面「『卒原発』思い伝わるか」未来・嘉田代表
1面「テレビCM資金力次第」「維新、共産など見送り」「民・自は『党首力』勝負」
第2社会面「地方議員から悲鳴」「昼は議会 終われば候補の応援」

【読売】
第2社会面「演説聴いて質問しよう」関西外国語大教授ガー・レイノルズさん(語る3)

【日経】
1面「ネット選挙『第一声』はいつ?」日本維新の会みんなの党(師走の決戦3)
社会面トップ「内部分裂・第三極…」「『違い分からず』」「8人立候補の京都4区」

【産経】
1面「苦戦『小沢氏の影響も』」「嘉田氏、情勢調査で分析」
1面「亀山に再び活気を」「シャープ恩恵も現在は経済沈滞」
第2社会面「自分の考え 近い政党どこ」「消費増税脱原発道州制導入…20の質問」「投票支援サイト『あくまで参考』」
第2社会面「危機への対応力で選びたい」防衛ジャーナリスト桜林美佐さん(私の視点)※国防と原発

▼6日夕刊
【京都】
1面「身近で娯楽性も」「投票怠れば罰金」「海外の『選挙』こんなにも違う」
第2社会面「『清き一票』有権者へ」「京都市選管、用紙を発送」

【神戸】
1面・写真企画「走」1交差点「立ち止まってほしい」
第2社会面「うぐいす嬢争奪戦」「77歳大ベテランも登板」「突然の解散で−」