MIC主催 緊急シンポ「外国特派員が見る今の日本」(4月27日、東京・茗荷谷)

 ご案内をいただいたイベントの紹介です。
 チラシの写真はこちらです。 MIC4月27日緊急シンポ.jpg 直

MIC主催 緊急シンポ「外国特派員が見る今の日本」
 なぜ日本のメディアは国民が知りたい事実を伝えず、「権力者の代弁」ばかりをたれ流すような報道に終始するのか。当局の発表をそのまま報じる「記者クラブメディア」の限界。様々な批判の対象になった福島第1原発事故をめぐるメディア報道。日本の総選挙後の右傾化に対する危惧。外国特派員から見た今の日本の「ジャーナリズムの欠落」という問題について気鋭のジャーナリストに語っていただきます。「いま日本のメディアに求められるもの」についてともに考えましょう。


日時:4月27日(土)13:30〜
場所:アカデミー茗台・レクリエーションホールB
文京区春日2−9−5丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩10分
資料代:500円


パネリスト
マーティン・ファクラーニューヨーク・タイムズ東京支局長)
デイヴィッド・マクニール(インディペンデント紙記者)
徐義東(ソ・ウィドン)(京郷新聞記者)
コーディネーター 林 香里(東大大学院情報学環教授)


主催:日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)新聞労連・全印総連・民放労連出版労連・映演共闘・映演労連・広告労協・音楽ユニオン・電算労
お問い合わせはMIC事務局(TEL:03−3816−2988まで)