4月29日に東京で【「メディアの戦後70年」連続研究会】第一回 「言論・表現の自由」と戦後70年

 案内をいただいたイベントの紹介です。下記リンクにチラシのPDFファイルがあります。
 メディア総研2015連続研究会「メディアの戦後70年」?.pdf 直

【「メディアの戦後70年」連続研究会】第一回 「言論・表現の自由」と戦後70年

2015年04月29日 in東京・神保町

アジア太平洋戦争から70年。
戦時中、「国策報道」に終始した日本のメディアはその深い反省から再出発しました。
しかし、現政権下で台頭する国家主義に、急激に差し迫っているテロと戦争の脅威に、メディアは十分な対応ができているでしょうか。
二人のジャーナリストの対話を通じて、考えます。

原寿雄(元共同通信) x 綿井健陽(アジアプレス)


■日時 2015年4月29日(水・祝) 午後2時〜4時30分
■会場 岩波セミナールーム 千代田区神田神保町2−3−1 岩波書店アネックスビル3階

■参加 1000円 (メディア総研維持会員・学生は無料)

 主催 メディア総合研究所

※メディア総合研究所ホームページ http://www.mediasoken.org/