安倍内閣支持率10・7ポイント急落、安保法案「違憲」54・3%〜福島民報・福島テレビ世論調査(備忘)

 福島民報社福島テレビ福島県で実施した世論調査の結果がネットで目にとまりました。備忘を兼ねて書きとめておきます。
 国会で審議中の安全保障関連法案が「違憲」との回答は54・3%、集団的自衛権の行使容認に「反対」が51・7%など。安倍晋三内閣の支持率では、「支持する」28・4%、「支持しない」50・6%で、目を引くのは「支持する」が3月の前回調査から10・7ポイント急落していることです。
 この世論調査の過去の結果をみると、安倍内閣の支持率で「支持しない」が「支持する」を上回るのは4回連続とのことです。東日本大震災東京電力福島第一原発事故後の復興支援が政権に問われる中での、福島県の民意のありようが如実に理解できます。下落幅が10・7ポイントにも及ぶ支持率の急落が、福島県に固有のことなのか、ほかの地域ではどうなのか、気になるところです。

福島民報「安保法案『違憲』54.3% 本社県民世論調査」=2015年6月29日
https://www.minpo.jp/news/detail/2015062923733

 福島民報社福島テレビと共同で県民世論調査(第10回)を行った。安全保障関連法案が憲法に照らして「違反している」との回答は54・3%と半数を超え、「違反していない」は15・3%だった。集団的自衛権の行使容認に「反対」は51・7%で、「賛成」の14・5%を大きく上回り、県民の法案への疑問や懸念が浮き彫りになった。安倍内閣を「支持する」は28・4%で、今年3月の前回調査の39・1%から10・7ポイント急落した。

■内閣支持30%割り込む
 安倍内閣を支持するかを聞いた結果は【グラフ(3)】の通り。「支持する」が30%を割り込んだのは、同じ内容を質問項目とした平成25年3月の第4回調査以降初めて。「支持しない」は50・6%で、初めて半数を超えた。
 男女別では、「支持する」は男性35・2%、女性22・6%、「支持しない」は男性51・2%、女性50・0%となった。

 以下は今年3月の前回調査の記事です。 
福島民報「本社県民世論調査 内堀知事支持71.3% 最多理由は震災復興対策」=2015年3月10日
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/03/post_11659.html

■調査の結果(かっこ内は昨年6月の前回結果)
問1 安倍内閣を支持しますか。
 支持する 39.1%(33.1%)
 支持しない 42.0%(40.5%)
 わからない 18.9%(26.3%)

■内閣支持39.1%
 安倍内閣を「支持する」と回答したのは39.1%で、昨年6月の前回調査より6・0ポイント上がった。一方、「支持しない」は前回より1・5ポイント微増の42.0%となった。
 「支持しない」が「支持する」を上回るのは平成25年12月の調査から4回連続となる。
 「支持する」は男性42.1%、女性36.4%、「支持しない」は男性44.5%、女性39.7%となっている。
 安倍政権に望む復興政策は「景気経済対策」が25.0%で最も多く、「除染」12.9%、「県民の健康管理」12.4%、「汚染水対策」11.4%と続いた。「原子力損害賠償の充実」は10.1%で、前回調査より4・0ポイント増えた。

【調査方法】6、7の両日、市町村の有権者数の割合に応じて電話帳から抽出した家庭用電話にダイヤルするRTD(ランダム・テレフォンナンバー・ダイアリング)方式によって実施した。703人から完全回答を得た。男女比率は男性47.7%、女性52.3%。東京電力福島第一原発事故により住民の多くが避難生活を送る双葉郡と全村避難が続く飯舘村の計9町村の家庭にも電話をかけたが、回答したのは広野町の1人だけだった。