参院選後に憲法改正「反対」50・3%、「賛成」37・5%〜共同通信調査

 共同通信が1月30、31両日に実施した世論調査の結果がネット上で報じられています。
 ネット用の短い本記だけなので、詳しい設問などは分かりませんが、目立ったところでは 夏の参院選後に憲法改正を進めることに反対は50・3%、賛成は37・5%だったとのことです。
 また、週刊文春が報じた口利き・資金供与疑惑で28日に経済再生担当相を辞任した甘利明氏については、「辞任は当然だ」との回答は67・3%、「辞任する必要はなかった」は28・5%。安倍晋三首相の任命責任は「ある」46・8%、「ない」50・1%などとなっています。
 安倍内閣の支持率は53・7%で、昨年12月の前回調査と比べ4・3ポイント増。5割の大台に戻しました。不支持は35・3%で2・9ポイント減でした。
 

※47news=共同通信「甘利氏『辞任当然』67% 憲法改正に反対半数、世論調査」2016年1月31日
 http://www.47news.jp/news/2016/01/post_20160131160140.html


 内閣支持率の推移はこちらにまとめています。
 http://d.hatena.ne.jp/news-worker/20151212/1449929793


※追記
 この記事をアップした後に毎日新聞の調査結果も報じられているのに気付き、以下のように書き改めて差し替えました。
 「安倍内閣の支持率上昇、50%超〜甘利明氏の疑惑と辞任は影響せず? 毎日、共同調査」
  http://d.hatena.ne.jp/news-worker/20160131/1454248364