安倍晋三首相「任期中に改憲」を約半数「評価せず」〜NHK、朝日新聞調査

 NHKが3月11〜13日に実施した世論調査と、朝日新聞が12、13日に実施した世論調査の結果が報じられています。
 ともに、安倍晋三首相が首相の任期中に憲法改正を実現させたいと述べたことへの評価を尋ねています。結果は以下の通りで、ともに「評価しない」がおおむね半数を占め、なおかつ「評価する」を10ポイント余り上回っています。
 ▼NHK
 「大いに評価する」9% 「ある程度評価する」31%
 「あまり評価しない」31% 「まったく評価しない」23%
 ※「評価する」計40% 「評価しない」計53%
 ▼朝日新聞
 「評価する」38% 「評価しない」49%


 また、共同通信と加盟紙の日本世論調査会が2月27、28両日に、電話ではなく面接方式で実施した世論調査結果も報じられています。憲法に関する主な内容は以下の通りです。
 ◇日本世論調査
 ▼憲法改正は必要か
  「改正する必要がある」「どちらかと言えば改正する必要がある」計54% 「改正する必要はない」「どちらかと言えば改正する必要はない」計40%
 ▼夏の参院選で、憲法改正に賛成の議員が国会発議に必要な3分の2に達した方がよいか否か
  「3分の2以上を占めた方がよい」44% 「達成しない方がよい」47%
 ▼憲法9条の改正は必要か
  「必要がある」38% 「必要ない」57%


 そのほかの項目では、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場移設問題について、朝日新聞の調査では以下のようになっています。
 ▼朝日新聞
 沖縄県のアメリカ軍普天間飛行場の移設計画をめぐる問題について、うかがいます。安倍政権は、沖縄県との裁判で、裁判所が提案した和解案を受け入れ、移設先の埋め立て工事をいったん中断すると発表しました。安倍政権のこの対応を評価しますか。評価しませんか。
 「評価する」54% 「評価しない」29%


 内閣支持率は、NHK調査では「支持」46%で2月より4ポイント減、「不支持」は3ポイント増の37%。朝日新聞調査は「支持」44%で2月の前回から4ポイント増、「不支持」35%で3ポイント減でした。
 ※内閣支持率の推移はこちらにまとめています。
 http://d.hatena.ne.jp/news-worker/20151212/1449929793


【追記】2016年3月16日9時10分
 「安倍晋三首相『任期中に改憲』は『評価せず』が約半数〜NHK、朝日新聞調査」から改題しました。