「改憲」「3分の2」「4野党連携」では戸惑いも目立つ―NHK世論調査

 NHKが7月16〜18日に実施した世論調査の結果を報じました。
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160719/k10010601021000.html
 主な項目を書きとめておきます。
内閣支持率
 支持48%(2週間前の前回比2ポイント増) 不支持36%(変わらず)
参議院選挙の結果に満足しているか
 「大いに満足している」8%、「ある程度満足している」43%、「あまり満足していない」28%、「まったく満足していない」16%
▽自民・公明の与党と憲法改正に前向きな勢力が合わせて、憲法改正の発議に必要な参議院全体の3分の2の議席を占めたことについて
 「よかった」27%、「よくなかった」29%、「どちらともいえない」37%
▽民進・共産・社民・生活の野党4党の連携を今後も続けたほうがよいと思うか
 「今後も続けたほうがよい」26%、「今後は続けないほうがよい」24%、「どちらともいえない」43%
憲法を改正する必要があると思うか
 「改正する必要がある」28%、「改正する必要はない」32%、「どちらともいえない」30%
▽安倍政権の経済政策「アベノミクス」に期待しているか
 「大いに期待している」が9%、「ある程度期待している」37%、「あまり期待していない」34%、「まったく期待していない」14%


 「参院選の結果」「改憲勢力3分の2」「野党4党提携」「憲法改正」「アベノミクス」のいずれも、ほぼ賛否が拮抗となっている点を興味深く感じます。このうち「改憲勢力3分の2」「野党4党提携」「憲法改正」は相互に関連性もある項目ですが、「どちらともいえない」が3割から4割を占めている点にも留意が必要だと思います。世論は決して二分されているのではなく、戸惑いも小さくないように思えます。


※参考過去記事
 読売新聞、共同通信:「『改憲勢力2/3超』に世論の評価二分、戸惑いも」2016年7月14日 
  http://d.hatena.ne.jp/news-worker/20160714/1468426393
 朝日新聞:「朝日新聞調査、自公の大勝『野党に魅力ないから』71%」2016年7月15日
  http://d.hatena.ne.jp/news-worker/20160715/1468539725