安倍内閣支持率67・0%、JNN調査、6ポイント増

 民放のTBS系のJNNが1月14、15日に実施した世論調査の結果が報じられています。安倍晋三内閣の支持率は、前回12月3、4日の調査と比べて6ポイント増の67・0%、不支持率は5・1ポイント減の31・5%でした。TBSによると、支持率が67%を超えたのは、2013年11月以来とのことです。
 ※「内閣支持率67%に上昇、JNN世論調査」=2017年1月16日
  http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2960678.html
 67%の支持率と言えば相当な高さですが、NHKが1週間前の時期に実施した調査では、内閣支持率は55%でした。二つの調査では12ポイントもの開きがあり、それぞれの結果は一つのデータとして受け止めたいと思います。ただ、それでも前回調査との比較ではNHKが6ポイント増、JNNは5・1ポイント増と、同じような傾向を示しています。この年末年始には米ハワイ訪問と真珠湾での慰霊などがあり、安倍政権の支持が高まっているのは間違いないように思います。
 JNN調査のほかの主な結果をいくつか、備忘を兼ねて書きとめておきます。

天皇退位をめぐる政府の有識者会議で今月23日に今の天皇一代に限って退位を認める特例法を中心とした考えを示す方向について
 「賛成」82% 「反対」12%
天皇退位をめぐり、政府内で2019年の1月1日に皇太子が新天皇に即位し、新元号を適用する案が浮上していることについて
 「賛成」85% 「反対」8%
▼韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことに対し、日本政府が駐韓大使らを一時帰国させたことについて
 「評価する」76%、「評価しない」14%


※今年に入っての世論調査結果は、目に付く限り、こちらに記録していきます。
 http://d.hatena.ne.jp/news-worker/20170111/1484063382