「共謀罪」法案 在京紙の報道の記録(4) 6月12―14日

 一つ前の記事「『共謀罪』法案 在京紙の報道の記録(3)」の続きです。

◎6月12日(月)
【朝刊】 ※新聞休刊日明けで発行なし

【夕刊】
毎日新聞=記事2本
・2面・特集ワイド「国連の辛口採点 日本に何が― 政権の暴走の現れ メディアは萎縮」※「共謀罪」法案にも言及
・第2社会面(10面)「『共謀罪』審議を音読 全国44カ所 市民が再現」

東京新聞=記事2本
・1面トップ「読むと赤面『共謀罪』答弁 『コッカイオンドク!』全国一斉実施」
・社会面(9面)「『なんとしても廃案に』 『共謀罪』反対集会 渋谷」

◎6月13日(火)
【朝刊】
朝日新聞=記事4本
・1面「『共謀罪』週内に成立方針 自公、会期内目指す」
・4面「『加計』封じ 駆け足審議 『共謀罪』巡り政府・与党 会期内成立を優先」
・社会面(35面)問う「共謀罪」「『監視』の先 弾圧懸念 横浜事件ゆかりの人」/「法案反対署名 153万筆」

毎日新聞=記事2本
・5面「『共謀罪』会期末控え攻防 参院法務委 委員長職権で開催」
・社会面(29面)「共謀罪」私はこう思う・賛成「刑法改正での対応が筋」弁護士 加藤久氏(74)※消極的賛成

▼読売新聞=記事1本
・2面「委員長職権できょう一般質疑 テロ準備罪 参院審議」

産経新聞=記事1本
・5面「法相問責決議案 提出へ 民進、テロ準備罪採決で」

東京新聞=記事4本
・2面「『強行採決で空気変わった』 『共謀罪』反対 153万4500筆に 市民団体が追加提出」/「『共謀罪』法案きょう審議へ 参院委、職権で決定」/「法案の英訳応じず 国連報告者ケナタッチ氏要望」
・特報面(24〜25面)「監視社会慣れ 本当にいいの? 防犯カメラ 街中も電車内も 市民も歓迎論 日常の風景に/個人の行動が丸裸 『共謀罪』成立で乱用リスク 他者への疑念助長 排除の温床に」

日経新聞 ※見当たらず


【夕刊】
朝日新聞
・1面「法相問責決議案 民進が午後提出 『共謀罪』採決の動きに対抗」

毎日新聞=記事1本
・1面「『共謀罪』採決巡り攻防 与野党 参院委 午後質疑」

▼読売新聞=記事1本
・1面トップ「テロ準備罪 採決巡り攻防 民進党 法相問責決議案 提出へ」

東京新聞=記事2本
・1面「『共謀罪』午後採決の構え 参院委 審議20時間で与党」
・2面「『共謀罪、冤罪の懸念』『テロ対策に不可欠』 参院委、有識者3人質疑」

日経新聞=記事1本
・3面「『共謀罪』採決で駆け引き 参院法務委」

◎6月14日(水)
【朝刊】
朝日新聞=記事4本、質疑詳報
・1面「『共謀罪』採決強行の方針 自公、あすの参院委で」
・2面「『共謀罪』疑問解消せず 参院審議 あいまい答弁続く」
・5面・焦点採録 参院 法務委「犯罪集団と共に疑われるのが『周辺者』 『共謀罪』巡り政府答弁」表・参考人質疑での主な意見 ※質疑詳報
・第2社会面(30面)問う「共謀罪」「パロディー文化 萎縮懸念 著作権法『販売前の介入可能』」/「あきらめない」※法案反対の市民集

毎日新聞=記事4本
・1面トップ「『共謀罪』週内成立へ 参院委 与党あす採決」
・5面「野党『加計』も絡め抗戦 法相、地方創生相 問責案提出 『共謀罪』審議」
・第2社会面(26面)「『テロ防止 条約の目的に含まず』 『共謀罪』巡る政府説明否定 国連『立法ガイド』執筆・米大教授」/「『審議不足 廃案を』 『共謀罪』反対集会に5200人」

▼読売新聞=記事3本
・1面トップ「テロ準備罪 会期末へ攻防 野党 2閣僚問責案 提出 与党 小幅延長も」
・2面「『加計』追及へ徹底抗戦 内閣不信任案も視野 野党4党」/『時間切れ』狙い/戦略練る与党
・4面「捜査権限『拡大しない』 金田法相『監視社会』に反論 テロ準備罪」

産経新聞=記事5本、質問・回答2本、発言要旨1本
・1面トップ「日弁連幹部と類似 テロ準備罪批判 偏重か 国連特別報告者 ケナタッチ書簡 中立・公平性 疑問も」
・3面「『嘘』まき散らす国連報告者 ずさん調査『沖縄に行ってない』 ケイ氏、反米基地運動にも言及」/「政府、反発強める」/「テロ準備罪 16日にも成立 民共は法相問責決議案 提出」
・5面「民進『下手すぎる』国会戦術 テロ準備罪の質疑 法相問責で参会 自民『国会延長 短く済む』」/「海渡弁護士『ケナタッチ氏へ事前に助言せず』」質問状(要旨)/海渡氏からの回答/「日本はジャーナリストの結束がない」国連特別報告者 ケイ氏発言要旨

東京新聞=記事8本、質疑詳報
・1面トップ「共謀罪」国会論戦チェック「『歯止め』答弁 次々変わる 一般人対象→処罰あり得る 計画段階での役割特定→不要」
・3面「民共 法相問責案を提出 与党あす参院委採決目指す 『共謀罪』法案」/「強行採決、絶対許すな 日比谷野音で5200人集会」
・7面「『共謀罪』法案 参考人の発言要旨 参院法務委/人権に配慮、抑制的 福田充・日本大危機管理学部教授/監視データに規制なし 山下幸夫弁護士/『行為主義』ないがしろ 村井敏邦・一橋大名誉教授」/論戦のポイント※質疑詳報
・特報面(24、25面)「国会って何だ 不誠実な審議=国民への侮辱 『共謀罪』答弁ドタバタ■加計問題ウヤムヤ/丁寧に『理屈』尽くす場 『一強の緩みそのもの』 首相自ら議論ケイ氏」
・社会面(27面)トップ「背中いっぱい『共謀罪反対』 ネットに投稿、反響呼ぶ ラーメン『なんつッ亭』経営者『皆が関心を持って』」

日経新聞=記事1本
・4面「法相の問責決議案提出 民進と共産『共謀罪』で抵抗」

■6月12日〜6月14日の掲載記事数(朝刊のみ)と5月30日からの累計
朝日新聞:記事8本、質疑詳報1本 累計・記事34本、質疑詳報4本、社説1本
毎日新聞:記事6本 累計・記事22本、質疑詳報3本
・読売新聞:記事4本 累計・記事14本
産経新聞:記事6本 累計・記事15本
東京新聞:記事12本、質疑詳報1本 累計・記事55本、質疑詳報5本
日経新聞:記事1本 累計・記事12本