続・議論と理解が進んでいない憲法9条改正と自衛隊~世論調査結果から

 前回の記事の続きになります。
 1月20、21日実施の世論調査結果3件が報じられています。憲法9条の改正問題では、朝日新聞が「安倍政権のもとで」を前提に、自衛隊の存在を明記する改正の賛否を問うたところ、賛成34%に対し反対は46%と12ポイントの差で反対が賛成を上回りました。しかし、自衛隊の明記の賛否だけを尋ねた産経新聞・FNNの調査では、賛成が58%と過半数です。やはり、社会的な議論と理解は進んでいないと言ってよいと思います。

【内閣支持率】(カッコ内は前回比、Pはポイント)
・朝日新聞 1月20、21日実施
  支持45%(4P増) 不支持33%(5P減)
・毎日新聞 1月20、21日実施
  支持44%(2P減) 不支持38%(2P増) 関心がない16%(1P増)
・産経新聞・FNN(フジテレビ系列) 1月20、21日実施
  支持52・6%(5・1P増) 不支持39・2%(5・4P減)

【憲法改正】
・朝日新聞
「安倍首相は新年の記者会見で、『今年こそ憲法のあるべき姿を国民に提示する』と述べ、年内に憲法改正を具体化させていくことに、強い意欲を示しました。あなたは、この安倍首相の姿勢を評価しますか。評価しませんか。」
 評価する 41% 評価しない 42%
「あなたは、憲法改正は優先的に取り組むべき課題だと思いますか。そうは思いませんか。」
 優先的に取り組むべき課題だ 32% そうは思わない 54%
「安倍首相は、憲法9条を改正し、自衛隊の存在を憲法に明記することを提案しています。あなたは、安倍政権のもとで、こうした憲法の改正をすることに、賛成ですか。反対ですか。」
 賛成 34% 反対 46%

・毎日新聞
「自衛隊の存在を明記する憲法改正について、あなたの考えは次のどれに近いですか」
 憲法9条の1項と2項はそのままにして自衛隊を明記する 31%
 憲法9条の2項を削除して自衛隊を戦力と位置付ける 12%
 自衛隊を憲法に明記する必要はない 21%
「大きな災害や外国からの攻撃で国政選挙ができなくなった場合に、国会議員の任期を特例として延長できる規定を憲法に設けるべきだという意見があります。一方、憲法を改正しなくても、参議院の緊急集会で対応可能だという意見もあります。国会議員の任期延長に関する憲法改正に賛成ですか、反対ですか。」
 賛成 33% 反対 46%
「憲法を改正するには、国会が改憲案を発議して国民投票にかける必要があります。憲法を改正するには、国会が年内に改憲案を発議した方がよいと思いますか。」
 年内に発議した方がよい 36%
 年内に発議する必要はない 46%

・産経新聞・FNN
「憲法改正に関する、次のそれぞれの質問について、あなたのお考えをお知らせください。」
A) 「国会は、憲法改正に向けた議論を活発化させるべきだと思いますか、思いませんか。」
 思う 67・2% 思わない 29・6%
B) 「憲法改正の国会発議について、望ましい時期を次の中から1つだけ選び、お知らせください。」
 年内 22・5%
 年内である必要はない 48・9%
 憲法改正は必要ない 26・9%
C) 「あなたは、憲法に自衛隊の存在を明記することに賛成ですか、反対ですか。」
 賛成 58・0% 反対 33・0%

【安倍首相の続投】
・朝日新聞
「安倍首相の自民党総裁としての任期は今年の秋までです。あなたは、今年の秋以降も、安倍首相に自民党の総裁を続けてほしいと思いますか。それとも、続けてほしくないと思いますか。」
 続けてほしい 40% 続けてほしくない 43%
「あなたは、次の自民党総裁にふさわしいのは誰だと思いますか。(択一)」
 安倍晋三 31% 石破茂 20% 岸田文雄 6% 野田聖子 8% この中にはいない 29%

・毎日新聞
「安倍晋三首相は自民党総裁として現在2期目で、任期は今年9発までです。安倍首相が3期目も引き続き、自民党総裁を務めた方がよいと思いますか」
 総裁を続けた方がよい 37%(2P増)
 代わった方がよい 47%(6P減)

・産経新聞・FNN
「秋に行われる自民党総裁選挙で勝った人が、次の首相となる可能性があります。安倍首相が3期目を務めるか注目されています。あなたは、次の首相として、誰がふさわしいと思いますか、次に挙げる自民党所属国会議員の中から1人だけ選び、お知らせください。]

安倍 晋三氏31・7% 石破 茂氏20・6% 岸田 文雄氏6・0% 小泉 進次郎氏18・1% 河野 太郎氏5・0% 野田 聖子4・1%

【防衛費】
・朝日新聞
「日本の防衛費は、新年度予算の政府案で、およそ5兆1900億円に増え、4年連続で過去最大となりました。あなたは、このように防衛費を増やすことに賛成ですか。反対ですか。」
 賛成 39% 反対 45%