お知らせ:3月10日に東京で追悼の公開シンポジウム「原寿雄さんと現代のジャーナリズムを語る会」

 お知らせです。
 昨年11月30日に死去されたジャーナリスト原寿雄さんの追悼の公開シンポジウム「原寿雄さんと現代のジャーナリズムを語る会」が3月10日午後1時30分から4時まで、東京都千代田区内幸町2丁目の日本プレスセンター10階ホールで開かれます。参加費は千円、学生は無料です。申し込み不要(先着200人まで)。
 パネリストは共同通信論説委員長の杉田弘毅さん、ジャーナリストの青木理さん、東京大学大学院情報学環教授の林香里さん、武蔵野大学法学部客員教授の小俣一平さん。コーディネーターは専修大学教授の藤森研さん。実行委員会の主催。問い合わせはメディア総合研究所、電話03(3226)0621

 

f:id:news-worker:20180225112945j:plain

 

【お知らせ】
 メディア総合研究所が編集している雑誌「放送レポート」271号(3月1日発行、大月書店刊)に、原さんの追悼座談会が掲載されています。わたしも参加させていただきました。

news-worker.hatenablog.com