沖縄知事選と辺野古の在京紙報道の記録⑥知事選終盤、辺野古移設「賛成」は4分の1

 沖縄県知事選や辺野古新基地建設問題、沖縄の基地集中を巡る東京発行新聞各紙の報道の記録の続きです。9月22日付朝刊から26日付朝刊までです。
 知事選は9月30日の投開票日まで23日で1週間。各紙とも24日付の朝刊に選挙戦終盤の情勢が掲載されました。それぞれ、沖縄県内の有権者を対象に電話世論調査を行い、これに取材結果を加味したとしています。朝日新聞は沖縄タイムス、琉球朝日放送(QAB)と共同で22、23両日に電話調査を実施。前衆院議員のデニー玉城氏がリードし、前宜野湾市長の佐喜真淳氏が激しく追っている、と伝えました。読売新聞の調査は21~23日。玉城氏と佐喜真氏が激しく競り合っている、と報じています。
 毎日新聞、産経新聞、東京新聞は共同通信の配信記事を掲載しました。共同通信は22、23両日に電話世論調査を行いました。玉城、佐喜真両氏が互角のまま激しく競り合う展開としました。琉球新報によると、電話世論調査は共同通信と琉球新報の共同実施でした。朝日、読売、共同いずれの調査でもまだ投票する候補を決めていないとの回答が2割から3割あり、投票日当日までに情勢が変わる可能性があるとしています。
 選挙戦の最大の争点は米軍普天間飛行場の移設を巡る名護市辺野古への新基地建設問題です。琉球新報の報道によると、電話世論調査で辺野古への移設の賛否を尋ねたところ、「反対」39・1%、「どちらかといえば反対」24・7%で反対は計63・8%に上るのに対し、「賛成」11・2%、「どちらかといえば賛成」16・7%で賛成は計27・9%でした。朝日新聞や沖縄タイムスによると、電話調査では、辺野古移設に「反対」50%、「賛成」25%。賛成が4分の1程度にとどまっていることは両調査に共通しているようです。この点は、日本本土の側から沖縄の人々の民意を理解しようとする際には、とりわけ留意しておかなければならない点だろうと思います。

 この期間中の記事で目を引いたのは、朝日新聞が22日付のオピニオン欄に掲載した「耕論『分断の沖縄と若者たち』」です。沖縄出身の20代の会社社長の男性と20代の大学職員の女性、本土出身で沖縄で教鞭をとる30代の大学准教授の男性の計3人の声が紹介されています。沖縄の若者たちの思いは、辺野古新基地への賛否だけで単純に色分けできる、理解できるようなものではないと、改めて感じました。
 いずれにせよ間もなく、30日に知事選は結果が出ます。沖縄県民の選択の結果です。そこにどんな民意が込められているのか。今度は日本本土の側がその民意を読み取り、沖縄の過剰な基地集中の問題に向き合わなければならないと思います。 

【9月22日付朝刊】
▼朝日
2面・いちからわかる!「『普天間の辺野古移設』沖縄知事選の争点だね/政府が工事を進めるが反対は根強い。県は承認を撤回した」図表
15面(オピニオン)耕論:分断の沖縄と若者たち/「閉塞感 反対運動に反発」国仲瞬・がちゆん代表取締役社長/「対話し変える 私たちこそ」大学職員、大城章乃さん/「歴史的な視点 世代で差」野添文彬・沖縄国際大学准教授、写真3枚
第2社会面(34面)「2児抱える18歳 夜の街で働く」沖縄2018
▼毎日(なし)
▼読売(なし)
▼産経(なし)
▼東京(なし)

【9月23日付朝刊】
▼朝日
第2社会面(30面)「うそ歌わない。俺たちのルール」沖縄2018、写真 ※ラップ歌手
第2社会面「沖縄知事選 期日前2倍/『記入済み投票用紙 撮影要求』情報も」
▼毎日(なし)
▼読売(なし)
▼産経(なし)
▼東京(なし)

【9月24日付朝刊】
▼朝日
1面準トップ「沖縄知事選 玉城氏リード/本社情勢調査 佐喜真氏、激しく負う」
4面「宜野湾市長選に新顔2氏届け出 辺野古移設が争点」
第2社会面(30面)「選挙戦 対照的2陣営/沖縄知事選 投開票まで1週間」「政党色抑えて訴え」※玉城デニー氏「有名議員 応援続々」※佐喜真淳氏 沖縄2018、写真2枚
▼毎日
2面「沖縄知事選2氏互角/共同調査 争点は移設問題」※共同通信調査
2面「宜野湾市長選は新人2氏の戦い 知事選と同日投開票」
▼読売
2面「玉城、佐喜真氏激しく競る/本社情勢調査 沖縄知事選、2割は未定」
2面「宜野湾市長選告示 与野党の一騎打ち」
4面「沖縄 最終盤へ舌戦/地域経済に重点 佐喜真氏/翁長後継を強調 玉城氏」写真2枚
▼産経
2面「佐喜真・玉城氏 支持訴え/沖縄知事選 最後の日曜日/宜野湾市長選も告示」写真2枚
2面「両者競り合い 共同世論調査」
5面・連載企画「2018知事選 沖縄の選択」上:「カギ握るポスト『安室世代』/『差別』意識よりも現実政策」写真
5面「進次郎氏、応援に徹する/党執行部も人気フル活用」写真
▼東京
1面トップ・連載企画「ウチナーンチュ 心の痛み 沖縄知事選を前に」上:「『基地負担 分かち合って』/本土で訴え『売国奴』扱いに衝撃」写真、地図
1面「玉城、佐喜真氏 互角/共同情勢調査 投票先未定2割」
2面「辺野古争点 一騎打ち/30日投開票 宜野湾市長選が告示」
第2社会面(22面)「都知事が自公系応援/沖縄知事選、要請受け2日間」写真
第2社会面「税制改正、五輪控え 自民に擦り寄り?」

【9月25日付朝刊】
▼朝日
2面「安倍内閣の沖縄基地政策 『評価しない』63%/沖縄世論調査」
2面「宜野湾市長選 互角の戦い/自公維系と『オール沖縄』系」
第2社会面(32面)「移設反対 声上げる学会員/自公連携に反旗『辺野古に基地おかしい』」写真/「国境の海 聞こえぬ漁業振興 尖閣」写真、地図
▼毎日(なし)
▼読売
2面「松川氏先行、仲西氏追う/本社情勢調査 3割弱は態度未定/宜野湾市長選」
▼産経
5面・連載企画「2018知事選 沖縄の選択」中:「菅長官と距離感探る佐喜真氏/公明にも配慮/選挙後へ課題」写真
5面「期日前投票75%増 沖縄知事選」
▼東京
特報面(22面)「さがしてます 沖縄で働く薬剤師/人口10万人当たり全国最小/『薬学部なし』が背景 国は新設に慎重姿勢」写真
社会面トップ・連載企画「ウチナーンチュ 心の痛み 沖縄知事選を前に」中:「交付金 覆された民意/アメとムチ 地域を分断」写真、地図

【9月26日付朝刊】
▼朝日
4面「自民派閥 沖縄で思惑過熱/二階派 幹事長の力維持/岸田派 沖縄1区の公認/竹下派 元職の国政復帰/知事選の支援に注力」顔写真3枚
4面「日米地位協定の改定 政権支援候補も主張」
4面「翁長氏の四十九日に志位・小沢氏 玉城氏を一致して支援 強調」
第2社会面(38面)「語られぬ高江 頭上に米軍機」沖縄2018、写真
▼毎日
5面「自民 引き締め躍起/公明『動き鈍い』と不満」「野党『ステルス作戦』/『翁長氏の弔い』前面に」写真2枚
▼読売(なし)
▼産経
5面「二階氏 てこ入れ徹底/3度目沖縄入り『選挙に強い幹事長』誇示へ/沖縄知事選」写真、図表
5面・連載企画「2018知事選 沖縄の選択」下:「オール沖縄『共産隠し』腐心/弔い票頼み 強まる『翁長依存』」写真
5面「小沢氏ら、翁長氏ゆかりの地で慰霊」※短信
▼東京(なし)