感染の爆発的拡大と五輪開催の関連を疑う視点~東京五輪・在京紙の報道の記録④7月29日付

 東京発行の新聞6紙(朝日、毎日、読売、日経、産経、東京)が東京五輪をどのように報じたかの記録です。各紙の朝刊1面が中心です。

【7月29日付】
 ■「五輪とコロナ」報道が二極化
 東京の新型コロナウイルスの新規感染者は7月28日、過去最多を2日連続で更新し、3177人になりました。全国では計9583人でこちらも過去最多を更新。首都圏の4都県で6割近くを占めます。
 ※29日の東京の新規感染者はさらに増えて3865人、全国では1万人を超えました。東京都のモニタリング会議では感染症専門家が「経験したことがない爆発的な感染拡大に向かっている」と指摘しています。

 政府や東京都は、ワクチン接種が進み、重症化しやすい高齢者の感染が減っており、冬の第3波のときとは事情が異なることを強調しているようです。しかし、政府の新型コロナ分科会の尾身茂会長は28日の衆院内閣委員会で、医療の逼迫が既に起き始めていることや、人々に危機感が十分に伝わっていないことを指摘したと報じられています。危機感が薄れ、自重できなくなっている要因の一つとして、東京五輪の開催強行も指摘されています。外出を控えなければいけないことは頭では理解していても、これまでの自粛疲れに加えて、五輪開催に伴う祝祭感が危機意識を薄めてしまっていることは否定できないように思います。また、そのことは事前に、尾身会長が強く指摘していたことでした。
 29日付の朝刊各紙では、朝日、毎日、東京の3紙は新型コロナウイルスの感染者数を1面トップに置きました。一方で、一貫して日本選手の金メダルを1面トップに据えている読売、産経両紙はこの日の朝刊も変わりありませんでした。
 ここにきて、読売、産経両紙には、1面の作りのほかにも顕著な共通点が出てきているように思います。感染者の爆発的な増加と五輪開催との関連を疑う視点が、社説を含めて記事の中に見当たらないことです。他紙では、例えば東京新聞は総合面で、五輪の開催が感染防止と矛盾したメッセージになり、人の流れを抑えられない要因になっている疑いを指摘する長文の記事を載せています。朝日新聞も同趣旨のことを社説で指摘しています。東京発行各紙の「五輪とコロナ」報道は二極化してきているように感じます。

 ■「お答えする内容がない」
 東京でも全国でも28日は感染者数が過去最多になったのに、菅義偉首相の記者会見やぶら下がり取材の機会はありませんでした。東京新聞は同日夜、「『本日はお答えする内容がない』(首相秘書官)」ことが理由だとする記事を同紙のサイトにアップしました。29日付朝刊でも総合面に掲載しています。
 ※「菅首相、東京で最多更新の3000人感染にも『お答えする内容がない』と取材拒否」
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/120085

 首相が答えるべきは、どうやって感染拡大を止めるのか、その具体的な方策です。「お答えすることがない」とは、打つ手がないことをある意味、正直に表している可能性があります。重要な情報だと思います。
 
 ■「五輪と同じスポーツなら」
 五輪開催が危機感を薄れさせていることを示しているように感じる実例が報じられました。毎日新聞は28日夜、以下の記事をサイトにアップしました。紙面では29日付朝刊の社会面に掲載されています。
 ※「山梨県教委幹部ら約12人がゴルフ・会食『五輪もやっているので』」
 https://mainichi.jp/articles/20210728/k00/00m/040/336000c

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため長崎幸太郎知事は県民に、大人数での会食などを控えるよう要請しているが、参加した幹部は「東京オリンピックが感染対策を徹底して実施されている。対策すれば、同じスポーツのゴルフも開催していいのではと判断した」と釈明した。
 県教委によると、保健体育課長や中北教育事務所の副所長ら職員3人と教員OBらは25日に県内のゴルフ場で午前8時半から約1時間の昼食を挟んで、午後2時半ごろまでプレーした。マスクや手指消毒、検温をし、食事も会話中はマスクを着用する「マスク会食」を徹底させたという。

 来日したIOCのバッハ会長は広島を訪ねたり、野球の第1戦では福島に出掛け、大会組織委員会の橋本聖子会長や丸川珠代五輪相が同行したりと、都県境をまたぐ移動をまったく自重していません。こうしたことの一つひとつがどんなメッセージとして日本の社会で受け止められるか。日本政府も組織委員会もIOCも、よく考えるべきです。

 ■NHKに変化?
 28日夜から、NHKの7時の全国ニュースに変化が見られるように思います。コロナ感染拡大に関するニュースを最初に、それもかなり長い時間を取って詳しく伝えています。29日はこの時間帯に五輪で日本選手の金メダル獲得が複数ありましたが、テロップで速報しただけで、コロナ関連のニュースの中断はありませんでした。
 大災害並みの惨事を想定してモードが切り替わり、相対的に五輪大会のニュースバリューが下がったようにも感じます。

f:id:news-worker:20210729224639j:plain

▼朝日新聞
①「感染 全国最多9583人/東京3177人 神奈川1051人」/「宣言効果 薄い都内/デルタ株 首都圏推定75%/専門家組織」/「埼玉・千葉・神奈川・大阪に緊急事態 検討」
②「橋本『金』体操 新井『金』柔道」/「大橋2冠 遅咲きの25歳」
▼毎日新聞
①「全国感染 最多9583人/首都圏3県 政府、宣言調整」/「『これまでにない拡大』専門家」
②「大橋2冠 夏季の女子で初/体操・橋本 柔道・新井が金」/「科学的練習 20代でも成長」
③「三菱電機新社長 漆間専務が昇格」
▼読売新聞
①「橋本『金』/体操総合 日本勢3連覇/バド桃田 敗退」「大橋メドレー2冠」「新井『金』柔道70キロ」
②「コロナ 全国感染 最多9582人/緊急事態 首都圏3県追加も」
▼日経新聞
①「追跡広告 見直し機運/サッポロビール予算7割減/個人情報使わぬ新技術も」
②「半導体正常化 来年以降に/不足、iPhoneにも波及/実需超す発注影響も」
③「19歳橋本『金』体操/競泳・大橋2冠 柔道・新井も金」
④「スカイマーク資本増強/40億円 政投銀・ANAなど支援」
⑤「東京感染 最多3177人/全国は初の9000人超」
▼産経新聞
①「橋本『金』体操男子個人総合 最年少 大橋2冠 競泳女子200メートル個人メ」「新井『金』柔道女子70キロ級」
②「都内感染最多3177人/政府 首都圏3県、緊急事態へ/国内初9500人超」
③「安倍前首相 訪台に意欲/『李登輝氏の墓参りしたい』 死去1年」
▼東京新聞
①「4都県 5675人/尾身会長『医療逼迫 既に』/全国感染 初の9000人超/神奈川 埼玉 千葉 緊急宣言の発令 政府検討」
②「満床間近 綱渡りの現場/立川の病院『限界』 急患断念も」ルポ コロナ禍のオリンピック
③「19歳橋本 最年少で金」