国葬「賛成」25% 「反対」は倍の51% 対面による時事通信調査

 時事通信が9月9~12日に実施した世論調査の結果が報じられています。安倍晋三元首相の国葬に対しては「賛成」25.3%に対し「反対」51.9%でした。「反対」が「賛成」の倍に上っています。
 岸田文雄内閣の支持率は、前月比12.0ポイント減の32.3%と急落。不支持率は同11.5ポイント増の40.0%で、不支持率が支持率を上回りました。
 他社の定例世論調査がおおむね電話調査なのに対し、時事通信は毎回、対面で実施しています。一般に、調査員が対象者と直接、顔を合わせて質問し、回答を聞き取る方法は、電話調査よりも手間も時間もかかるのですが、その分、対象者の考えを正確に把握することができます。
 9月に入ってからの他社の電話調査では、国葬に対する民意は肯定的評価が30%台、否定的評価が50%台でおおむね共通していました。時事通信の調査結果からは、賛否の差はもっと開いていると言えそうです。

 ※「安倍元首相『国葬』 世論の推移」の記事を更新しました。

news-worker.hatenablog.com