続報:共同通信調査で内閣支持率は37・7%、不支持は51・6%

 共同通信社が17、18両日に実施した世論調査では、内閣支持率は37・7%と前回から9・7ポイント急落。不支持は51・6%と8・6ポイントの上昇です。安保関連法案の衆院採決、可決は「よくなかった」が73・3%。

http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015071801001351.html

安倍内閣支持急落37% 不支持過半数で逆転 

 共同通信社が17、18両日に実施した全国電世論調査によると、内閣支持率は37・7%で、前回6月の47・4%から9・7ポイント急落した。不支持率は51・6%(前回43・0%)と過半数に達し、2012年12月発足の第2次安倍政権以降で初めて支持と不支持が逆転した。
 与党が16日の衆院本会議で、多くの野党が退席や欠席する中、安全保障関連法案を採決し、可決したことに「よくなかった」との回答が73・3%を占めた。「よかった」は21・4%だった。
 安保法案の今国会成立に反対が68・2%で前回から5・1ポイント増えた。賛成は24・6%だった。