安保法案の参院特別委採決「参院委も強行」(朝日)「再び強行」(毎日)「強行採決 再び」(東京)

 9月18日付の東京発行朝刊各紙は、いずれも1面トップで、安全保障関連法案が17日の参院特別委で可決されたことを伝えています。

 法案に反対の論調を打ち出している朝日、毎日、東京の3紙と、安倍晋三政権を支持しこの法案にも賛成の読売、産経では、見出しの取り方など紙面のつくりが異なっています。朝日、毎日、東京の3紙は、衆院に続いて参院でも採決が強行されたことを強調しています。日経は1面の見出しは読売、産経に近いようですが、社説では両紙と一線を画し、社会面は国会前の抗議行動の様子をトップに据えるなど、朝日、毎日、東京に近い紙面です。
 取り急ぎ、6紙の1面トップの本記の主な見出しと、社説の見出しを書きとめておきます。

朝日新聞
1面本記「安保採決 参院委も強行」「怒号と混乱 挙を突き可決」「5野党 内閣不信任提出へ」
社説「安保法案、強行採決 日本の安全に資するのか」9条の資産を生かす/新たな「安全神話」/揺らぐ平和ブランド
毎日新聞
1面本記「安保法案採決 再び強行」「野党、本会議で抵抗」「防衛相の問責提出」
社説「安保転換を問う 参院委採決強行 民意に背を向けた政権」正常な手続きではない/国民の分断を避けよ
東京新聞
1面本記「強行採決 再び」「安保法案 参院委で可決」「野党 内閣不信任案提出へ」
社説「『違憲』安保法制 憲法を再び国民の手に」歴代内閣が見解踏襲/『禁じ手』の解釈変更/絶望は愚か者の結論


【読売新聞】
1面本記「安保法案 参院委可決」「本会議で攻防 成立ずれ込む」「野党『不信任』など連発へ」
社説「安保法案可決 民主の抵抗戦術は度が過ぎる」
産経新聞
1面本記「安保法案 参院委可決」「きょう成立へ」「野党、不信任・問責で抵抗」
社説「安保関連法案 採決こそ議会制の根幹だ」


日経新聞
1面本記「安保法案 参院委で可決」「本会議でも野党抗戦」「きょうにも成立」
社説「参議院は何のために存在しているのか」