安倍内閣の支持率62%、読売調査―NHK57%、朝日52%にアップ

 NHKが9月9〜11日の3日間実施した世論調査の結果が報じられています。
 ※「安倍内閣『支持する』57% 『支持しない』26%」
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160912/k10010682341000.html?utm_int=news_contents_news-main_004
 主な結果を書きとめておきます。

 ▼内閣支持率 支持57%(前回比4ポイント増) 不支持26%(同6ポイント減)

 ▼安倍晋三首相が中国の習近平国家主席と会談し、沖縄県尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返す中国側の行動に自制を求めるとともに、東シナ海での偶発的な衝突を避けるため対話を重ねることで一致したことについて
  「大いに評価する」12%、「ある程度評価する」56%、「あまり評価しない」18%、「まったく評価しない」6%

 ▼安倍首相がロシアのプーチン大統領と会談し、11月にペルーで、12月には安倍総理大臣の地元・山口県で会談することで合意したことを受けて、北方領土問題が進展すると思うかどうか
  「進展すると思う」17%、「進展するとは思わない」70%

 ▼安倍氏自民党総裁としての任期が再来年9月までとなっている中、党総裁の任期延長について
  「望ましい」28%、「望ましくない」30%、「どちらともいえない」35%


 9月5日に1年5か月ぶりに行われた日中首脳会談に対して、「大いに評価する」と「ある程度評価する」を合わせた「評価する」は計68%と、7割近くに達しています。このことが内閣支持率を押し上げた要因でしょうか。このときの日中首脳会談に対しては、日中関係の雪解けだと言わんばかりに、日本のマスメディアは大きく扱いました。しかし、実のところは首脳同士の会談にふさわしい成果はあまりなかったとの指摘もあります。


【追記】2016年9月13日8時5分
 ▽NHKと同じく9月9〜11日に実施された読売新聞の世論調査によると、内閣支持率は62%で、前回8月調査から8ポイント上昇しました。不支持は29%。9月10、11日実施の朝日新聞世論調査でも、内閣支持率は前回から4%増の52%でした。不支持は29%。読売新聞は記事で「9日に北朝鮮が5回目の核実験を強行したことで危機意識が高まり、国際社会と連携して対応にあたる安倍内閣への支持に結びついたとみられる」との分析を示しています。
 ▽「安倍晋三内閣の支持率57%―NHK世論調査(備忘)」から改題しました。


 ※朝日新聞天皇陛下生前退位『賛成』91% 朝日新聞世論調査
  http://www.asahi.com/articles/ASJ9D4T75J9DUZPS005.html
 ※読売新聞「内閣支持上昇62%、北制裁『強化を』81%」
  http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160912-OYT1T50097.html?from=ytop_main3