名護市長に岸田政権支援の現職再選、しかし辺野古の新基地容認ではない~「沈黙 私たちも問われている」(朝日新聞)

 沖縄県名護市長選が1月23日投開票され、現職で自民、公明両党の推薦を受けた渡具知武豊氏(60歳)が、同市辺野古の新基地建設に反対する前市議で、立憲民主や共産、社民各党などの推薦を受けた新人の岸本洋平氏(49歳)を破って再選されました。渡具知氏の得票は1万9524票。岸本氏に5085票もの差を付けての大勝でした。
 選挙の最大の焦点は辺野古の新基地建設の是非でした。しかし、渡具知氏は一貫してこの点には触れず、岸本氏との間で論点はかみ合わないままだったと報じられています。有権者の立場で考えてみれば、新基地建設にいくら反対票を投じても国が動きを止めないのなら、国から交付金を引き出した方がいい、となるのも無理はないかもしれません。公示直後の名護市の有権者を対象にした世論調査では、新基地建設の賛否に絞って尋ねれば、反対が賛成を圧倒していたことは、このブログの以前の記事でも紹介しました。渡具知氏の当選と、新基地建設に対する地元の民意は別のものと受け止めるのが妥当です。
 しかし、岸田文雄政権は渡具知氏の当選に対して、新基地建設を黙認する地元の民意が明らかになったとみなし、建設反対の真の民意を顧みることなく工事を強行しようとするでしょう。沖縄に対するそんな姿勢を岸田政権に許しているのは誰なのか。岸田政権を成り立たせていることが、沖縄の人たちから地域の自己決定権を奪うことにつながっているのではないか。そこに、辺野古の新基地建設や沖縄の過剰な基地負担に対する、日本本土に住む日本国の主権者の当事者性があります。

 選挙結果に対する沖縄タイムスと琉球新報の24日付の社説を紹介します。両紙とも、選挙結果と辺野古新基地に対する賛否の民意は別物であることを明確に指摘しています。

▽沖縄タイムス社説「[名護市長に渡具知氏再選]生活重視の流れ鮮明に」
 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/899382

 辺野古側の工事は進み、今から止めるのは難しい、との受け止めが有権者に広がっていたのではないか。「それならば国から交付金を引き出した方がいい」との現実的な考え方が浸透したと見て取れる結果だ。
(中略)前回市長選の後、この時も渡具知氏は辺野古の是非を語らなかったにもかかわらず、当時の菅義偉官房長官は「選挙は結果が全て」と主張した。
 有権者を対象にした本紙世論調査では、回答者の6割超が移設に否定的だった。渡具知氏の支持者も「どちらかといえば」を含め3人に1人は反対している。
 この四半世紀、辺野古を巡り名護市民は「分断」されてきた。深刻な分断を修復するためにも誠実な話し合いの必要性を今日の結果は示している。政府は玉城デニー知事が求める話し合いに応じてもらいたい。

▽琉球新報社説「渡具知名護市長再選 民意は新基地容認ではない」
 https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1459113.html

 辺野古新基地建設反対を表明して選挙戦に臨んだ新人の岸本洋平氏が敗れたことで、名護市民が建設を容認したとはいえない。再選を果たした渡具知氏はこれまで一貫して建設の是非には踏み込まず「国と県の係争が決着を見るまではこれを見守るほかない」との立場を示してきたからだ。
 政府はこの点を十分に留意すべきである。県民投票で示された、新基地建設に反対する沖縄の民意をくみ取り、建設を直ちに中止すべきであることに変わりはない。

 名護市長選の結果は、東京発行の新聞各紙も24日付朝刊で大きく扱いました。朝日、毎日、産経の3紙が1面トップ。読売、東京両紙も本記は1面です。
 ただし、辺野古新基地との関連で選挙結果をどう位置付けるかは、各紙によってトーンに違いを感じます。
 沖縄の2紙と同じように、渡具知氏の当選と新基地建設に対する賛否の民意は別であることを指摘しているのは朝日新聞と東京新聞の2紙。朝日新聞はさらに、1面の解説記事に「沈黙 私たちも問われている」の見出しを立て、日本本土に住む「私たち」の当事者性にも踏み込んでいるのが目を引きました。朝日新聞は1面のほか総合面の「時時刻刻」、社会面でもトップで関連記事を載せ、有権者の声も紹介するなど、情報量でも他紙を圧倒しています。
 朝日、東京以外の他紙は、辺野古新基地の建設に対する民意の所在には踏み込まず、選挙結果が岸田政権に追い風になるとしています。秋の知事選への影響については、毎日新聞は1面の本記で「渡具知氏の勝利で、政府・与党は移設を更に推進する構えで、秋の知事選での県政奪還に向けても弾みがついた」と、読売新聞も「政府・与党は秋の知事選に向けて弾みをつけた」と、それぞれ強い調子で言い切っています。ただし、知事選までにはまだ時間があり、間には参院選もあります。辺野古の新基地建設に反対する玉城デニー知事が、岸田政権を相手にどのような手を打つのか。展開次第では、辺野古新基地建設の当否が参院選や知事選の最大争点になる可能性があると思います。

 以下に各紙の主な記事の見出しを書きとめておきます。

▽朝日新聞
1面トップ「辺野古『黙認』の現職再選/名護市長選 政権が支援/『オール沖縄』知事選へ痛手」
1面・視点「沈黙 私たちも問われている」
2面・時時刻刻「辺野古 かすんだ争点/政権先勝 知事選へ照準」「移設阻止 苦しい玉城氏」
社会面(27面)トップ「『進んだ4年』実績訴え/渡具知氏が再選」「岸本氏、知事との共闘届かず」
社会面「有権者は/選択肢ないなら見返りを・本土の人も、沖縄考えて」

▽毎日新聞
1面トップ「名護市長 自公系再選/渡具知氏 辺野古移設 追い風」
社会面準トップ「実績に信任 協調継続/辺野古に『沈黙』現職再選」

▽読売新聞
1面「名護市長 自公系が再選/辺野古反対派破る」
3面・スキャナー「辺野古移設 加速期待/秋の知事選へ 政権弾み」「沖縄 選挙イヤー」

▽日経新聞
2面「名護市長に与党系現職/渡具知氏再選 実績・地域振興訴え」
2面「政権、辺野古移設追い風」

▽産経新聞
1面トップ「名護市長に自公系再選/辺野古移設『地元の理解』継続/参院選へ岸田政権弾み」
1面「秋の知事選が大一番」沖縄復帰50年
2面「選挙イヤー 与党勢い/初戦で『大きな勝利』」

▽東京新聞
1面準トップ「名護市長に自公系現職/辺野古反対の新人破る」
1面・解説「新基地への『信任』とは言えず」

f:id:news-worker:20220124235532j:plain