「『平和の島』達成されず」(玉城知事) 「強い経済実現」(岸田首相)~沖縄復帰50年式典、在京紙の報道の記録

 沖縄の日本復帰50年の日だった5月15日、記念の式典が東京と沖縄で開催されました。東京発行の新聞各紙も、翌16日付の朝刊で報じています。日経新聞以外は1面トップでした。
 各紙の1面本記の見出しを並べてみます。
【朝日】「50年『平和の島』達成されず/続く過重な基地負担 沖縄知事、式典で訴え」
【毎日】「沖縄の平和 目標遠く/復帰50周年式典 知事『負担軽減を』」
【読売】「沖縄復帰50年/首相『強い経済実現』/基地負担減へ決意 記念式典/知事『平和の島 達成されず』」
【日経】「首相『強い経済を実現』 沖縄復帰50年/記念式典 基地負担減を強調」
【産経】「国と沖縄 歩み寄る未来へ/復帰50年 陛下『努力に敬意』」/視点(解説)「基地負担軽減へ協力不可欠」
【東京】「『平和の島 達成されず』/東京と同時式典で知事/米軍施設なお7割集中」

 朝日、毎日、東京の3紙は、式典で沖縄県の玉城デニー知事が「『沖縄を平和の島とする』という目標が、復帰から50年経ってなお達成されていない」と述べたことを主見出しに取り、沖縄の過重な基地負担が今なお続いていることを強調しています。これに対して読売、日経が見出しで強調するのは「『強い沖縄経済』を実現していく」との岸田文雄首相の式辞の言葉です。産経新聞は天皇の言葉を見出しに取りました。
 1面に掲載した式典の写真を見ると、読売、産経、日経は天皇です。朝日は玉城知事、毎日は玉城知事と岸田首相らによるセレモニーの様子。東京新聞は式典の写真は1面にはなく、2面に玉城知事と岸田首相が並んで座っている写真を掲載しました。
 式典で天皇は「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」「広く国民の沖縄に対する理解が更に深まることを希望するとともに、今後とも、これまでの人々の思いと努力が確実に受け継がれ、豊かな未来が沖縄に築かれることを心から願っています」と述べました。「今なお様々な課題」が何を指すのか、具体的には触れていません。政治的な発言を控えるべき立場として、考え抜かれたギリギリの表現なのかもしれません。立場上の制約があっても、課題があること自体に触れずにはいられなかったのかもしれない、とも感じます。沖縄の現状に対する心痛の吐露だとわたしは受け止めました。
 この天皇の「様々な課題」との言葉を、朝日、毎日、日経の3紙は社会面や総合面の関連記事で見出しに取っています。一方で、読売、産経、東京の3紙では見出しになく、読売、東京には関連記事でもこの部分を紹介していません。「おことば」全文を掲載しているので、丹念に読み進めて行けば、そうした発言があったことは分かります。見出しに取って目立たせるほどのことではない、との判断でしょうか。しかし、読売について言えば、1面トップの本記の併用に天皇の写真を使うほど、式典へ天皇が出席したことのニュースバリューを大きくとらえていることが読み取れます。そうであれば、日本国民統合の象徴と憲法で規定されている天皇が「今なお様々な課題」と述べたことにもニュース性を見出してもよさそうなのですが、記事で触れないことには「ことさら感」があります。

 以下に、各紙の主な記事の見出しを書きとめておきます。
【朝日新聞】
1面トップ「50年『平和の島』達成されず/続く過重な基地負担 沖縄知事、式典で訴え」※式典の写真は玉城知事
1面「『普天間の県外移設』初明記/県の振興計画 10年で所得3割増 目標」
2面「対話 失ったまま」「首相、『見える成果』路線踏襲」/「基地も経済も 知事苦慮」/「参院選・知事選 『正念場』の1年」
社会面トップ「強く願う 沖縄の心/基地・子どもの貧困…『今』を知って」ほか
第2社会面「沖縄の『様々な課題』に言及/陛下『豊かな未来が築かれることを願う』」

【毎日新聞】
1面トップ「沖縄の平和 目標遠く/復帰50周年式典 知事『負担軽減を』」※式典の写真はレセプション・セレモニーでの岸田首相と玉城知事ら
3面・クローズアップ「首相、知事 辺野古触れず」「政府、経済振興前面に」/「国との距離 悩む沖縄」/「参院選に知事選 対立必至」
社会面トップ「復帰50年 晴れぬ沖縄/続く不条理 憲法番外地」/「天皇陛下『課題』に言及/『基地問題を表現か』」ほか
第2社会面「天皇陛下おことば」岸田首相、玉城知事それぞれの式辞要旨

【読売新聞】
1面トップ「沖縄復帰50年/首相『強い経済実現』/基地負担減へ決意 記念式典/知事『平和の島 達成されず』」/「県、新振興計画提出」
2面「辺野古 隔たり大きく/普天間移設 知事 反対姿勢崩さず」ほか
3面・スキャナー「沖縄知事選 動き加速へ/玉城氏 態勢作り・自民 絞り込み急ぐ/選挙イヤー天王山」
6面 式辞、あいさつ
12面 読者の思い出(投書)
社会面トップ「3世代 笑顔で照らす/戦禍が原点『喜劇の女王』」ほか
第2社会面「沖縄の未来 若者の誓い/子供の貧困立ち向かう/記念式典で20歳学生」/「陛下『命こそ宝』」など

【日経新聞】
1面「首相『強い経済を実現』 沖縄復帰50年/記念式典 基地負担減を強調」
2面「沖縄経済、自立なお遠く/頼みの観光、コロナ禍で試練/問われる『振興』の先」/「負担軽減へ『成果積む』/首相 軍施設の一部共同使用へ」など
※「天皇陛下お言葉全文」「苦難の道…深い感慨/今も課題、国民理解望む」
社会面トップ「学ぶ歴史 ひらく未来/戦禍の絵画、問い続ける/文化の融合、豊かさ育む」(基地隣接の美術館長、統治下開業の施設社長)ほか
第2社会面「節目の日 平和願う/残る基地 思い複雑/50年前と同じ、雨中に祈り」

【産経新聞】
1面トップ「国と沖縄 歩み寄る未来へ/復帰50年 陛下『努力に敬意』」/視点(解説)「基地負担軽減へ協力不可欠」
3面「『沖縄は同胞』改めて確認/首相式辞『寄り添う』使わず」/「陛下、次世代へ続く理解願われ」/「歌姫たちが与えた夢と誇り」
5面「沖縄知事『50年』を政治利用/県民の声装う自説 政権困惑」
社会面「琉球の心 後世に伝える/経済発展 風習・文化は希薄に」/「県外で深まった郷土愛」(川崎沖縄県人会の会長)
第2社会面「540億円輸送 日銀の苦闘/本土復帰へ ドル⇒円通貨交換」

【東京新聞】
1面トップ「『平和の島 達成されず』/東京と同時式典で知事/米軍施設なお7割集中」
2面・核心「『基地なき島』道筋遠く/増える負担、経済格差もなお」
6面 沖縄2紙 編集局長寄稿
特報面(24、25面)「沖縄の激情 脈々と息づく 東京の街角にて/復帰50年 ゆかりの地をゆく」式典会場、狛江の学生寮、杉並の商店街、中野の料理店
社会面見開き「『命どぅ宝』私たち日本の問題」「痛む沖縄 あの日と変わらぬ雨」
名護出身の女性(74)、東京出身の男性(20)、基地撤去求め都内でデモ、玉城知事切実に訴え、50年前と同じ見出し・琉球新報 ほか