黒川氏が退場しても、違法と指摘される定年延長の事実は残っている~緊急事態宣言下 在京紙報道の記録12:5月20日~24日付

 コロナ禍対策の緊急事態宣言は、5月21日に京都・大阪。兵庫の3府県が解除され、残る北海道と首都圏4都県も25日に解除の見通しとなりました。しかし感染の第2波、3波の可能性も指摘されており、「コロナ後」の日々が始まる、と受け止めるにはまだ早いようです。

 さて、この1週間弱の間に、黒川弘務・東京高検検事長の定年延長問題が思いもかけない展開を見せました。5月20日(水)に週刊文春が公式サイトで、黒川氏が5月に2回、産経新聞記者、朝日新聞社員と一緒に産経記者の自宅で長時間、賭けマージャンをしていた疑いがあることを報道。翌21日には黒川氏は事実を認めて辞表を提出し、政府は22日に辞職を認めました。黒川氏に対する処分は訓告で懲戒ではなく、退職金は満額が支給される見通しと報じられています。
 驚いたことに安倍晋三首相は、検察官の定年延長と一部の幹部検察官に対する特例措置を盛り込んだ検察庁法改正案について、他の国家公務員の定年延長の法案もろとも、廃案とする方向性を示しました。黒川氏は1月の閣議決定で定年が延長されており、これには違法、脱法との指摘が野党のみならず、日弁連や各地の弁護士会、検察官OBからも上がっていました。検察庁法改正案に対しても、黒川氏の定年延長措置を事後的に正当化するものとの批判がありました。安倍首相としては、黒川氏の退場と共に改正案が廃案になれば事態は沈静化すると期待しているのかもしれません。
 しかし、黒川氏を訓告として辞職を認めたことは、1月の閣議決定による定年延長が有効であることを固定化することです。黒川氏に対しては、賭けマージャンを刑事事件として立件するとともに懲戒処分とするよう求める声がネット上では強いようですが、わたしは1月の閣議決定が有効のままでは、法改正がなくても内閣の意向次第で特定の幹部検察官の定年延長が可能であることが恒常化することを危惧します。

 密室での賭けマージャンをマスメディアの問題としてとらえるなら、様々な論点があると思います。産経新聞社では調査が続いているようでもあり、後日あらためて考えを整理してみたいと思いますが、公権力と記者の間合い、記者の働き方、仕事の評価軸といったこともキーワードになるのではないかと感じています。

 23日には毎日新聞社の世論調査で、安倍晋三内閣の支持率が前回5月6日との比較で13ポイント減の27%だと報じられました。不支持率は19ポイント増の64%です。以前にも書きましたが、コロナ禍で政治を自分のことととらえる人たちが増えているのは間違いないと思います。政権サイドがその変化から目をそむけるように、時間がたてば支持率が回復する、と期待しているのだとすれば、それもまた政権が民意から遊離していることを示しているのではないでしょうか。特に支持率の低下ぶりを上回って不支持率が跳ね上がっていることは、安倍政権に対してネガティブな評価を明確に持つ人が急増したことを示しているように思えます。後続の調査結果を注視しています。

 以下は東京発行新聞各紙の1面と社会面の記録の続きです。
【5月24日(日)付】=緊急事態宣言48日目
▼朝刊
・朝日新聞 24P
「首都圏・北海道 解除で調整/緊急事態 政府あす判断」
「コロナ 米英留学直撃/年750万円『渡米 オンライン授業のためではない』/入学激減か 大学経営難に直結」
社会面「マスク 夏が怖い/熱中症多発なら『医療現場は崩壊』」
・毎日新聞 24P
「内閣支持急落27%/検察人事批判 『不支持』64%」
「あす全面解除で調整/緊急宣言 新規感染 東京2人」
社会面「別居親 子と面会難しく/家近くても感染怖がられ」
・読売新聞 24P
「緊急事態解除へ最終調整/新型コロナ 最後の5都道県」
「劣後ローン枠6兆円超/政府 企業の資本強化策」
社会面「『コロナ解雇』深刻/57歳運転手 突然の通告」
・日経新聞 28P
「米、波乱含みの経済再開/24州で感染増加 『第2波』リスクも」チャートは語る
「消費支援へ対象追加/宅配・持ち帰り ポイント 都道府県内の旅行 割引」
社会面「『脱・霞が関』夫婦一緒に/競争から共生 心機一転」
・産経新聞 26P
「香港の自由 大幅制限/国家安全法 中国、異例手続き」
「消費者と新しい価値を作る/社会を良くする仕事で報酬受け取る」経団連会長 中西宏明氏 コロナ 知は語る
社会面「高校最後の夏 奪われた/『総体なくなりショック』『日本一の目標変わらぬ』」
・東京新聞 24P
「緊急事態解除あす有力/首都圏など感染者減」
「マスクの次は消毒液/政府、医療機関にずさん供給」
社会面「生きていけない 休業いつまで/水商売協会 クラブのママら窮状訴え」

【5月23日(土)付】=緊急事態宣言47日目
▼朝刊
・朝日新聞 36P
「都の緩和 最速26日から/西村担当相 25日の宣言解除視野」
「香港に監視機関設置案/中国『一国二制度』危機に」
社会面「学校再開へ 3段階の目安/間隔『1~2メートル』・できる活動明示」
・毎日新聞 26P
「定年延長 首相一変/『法案 もう一度検討』/コロナ理由 与党も批判」
「給食早く食べたいな」明日へ
社会面「保健所職員 残業の山/過労死ライン超え相次ぐ」
・読売新聞 28P
「都、26日にも休業緩和/宣言解除なら 無観客試合も」
「中国 軍事費6.6%増/全人代開幕 成長目標示さず」
社会面「休業緩和 道見えた/都知事『経済と両立』」
・日経新聞 32P
「『新常態』探る企業/入退店 デジタル記録/工場 効率より接触減/オフィス 机間隔1.8メートル」
「中国、香港統制へ法調整/全人代開幕 歳入減も財政出動拡大」
社会面「『もう もたない』苦渋の深夜再開/従業員の雇用配慮/都内飲食店『解除』まだだが…」
・産経新聞 28P
「都、26日にも飲食店緩和/プロ野球など無観客で 緊急事態解除後」
「黒川検事長の辞職承認/首相『批判受け止めたい』」
社会面「学校再開 我慢は続く/『学習時間の確保難しい』」
・東京新聞 24P
「都、自粛・休業緩和3段階/学校 まず分散登校/飲食店 午後10時まで」
「黒川検事長が辞職/首相『定年延長 問題なかった』」
社会面「『ネカフェ戻るか 徘徊か』/困窮者にホテル 打ち切り不安」

▼夕刊
・朝日新聞 8P
「スウェーデンの独自路線/厳しい行動制限も都市封鎖もなし」
「先生も1年生」Photo Story ※新任の小学教諭
社会面「飲食宅配自転車 飛ばしすぎ?/危険な運転指摘 通報相次ぐ」
・毎日新聞 8P
「ビニールカーテン 火災注意/コロナ対策 在室・設置場所考えて」
「『医』『食』を笑顔に」読む写真 ※キッチンカーが無料で食事提供
社会面「中止でも『栄冠は君に』/沖縄6校 監督ら配信」
・読売新聞 12P
「シェア自転車『新様式』の足/3密避け通勤 飲食宅配代行」
「全人代開幕『感染ゼロ』/習政権『正常化』強調」
社会面「自粛店で窃盗多発/『火事場泥棒 許せない』」
・日経新聞 8P
「SNS直売 生産者救う/消費者とのつながり、励み」
「外出そろり 日常探る/関西3府県、宣言解除後 初の週末」
社会面「行き場失う愛煙家/『3密』回避で喫煙所閉鎖」
・東京新聞 8P
「愛され40年 ロケ聖地 居酒屋『酔の助』幕/神保町 老朽化 コロナ追い打ち」
「ブラジル感染33万人に 世界2位/WHO『新たな中心地』」
社会面「最期に会えない/遺体厳重に密封『火葬速やかに』」

【5月22日(金)付】=緊急事態宣言46日目
▼朝刊
・朝日新聞 28P
「黒川検事長きょう辞職/宣言中 賭けマージャン」
「関西3府県 緊急事態解除/首都圏・北海道 25日にも判断」
社会面「あと少し?耐える首都圏/休業続ける焼き鳥店/夜9時でもにぎわう居酒屋」
・毎日新聞 24P
「黒川検事長 きょう辞職/賭けマージャン引責」
「大阪、京都、兵庫 解除/首都圏・北海道 25日判断」
社会面「『危機感なし』市民怒り/『3密』賭けマージャン」
・読売新聞 28P
「大阪・兵庫・京都を解除/首都圏・北海道 25日にも判断 緊急事態宣言」
「黒川検事長が辞表/賭けマージャン 訓告」
社会面「『黒川氏の辞職 当然』/検察 賭けマージャン非難」
・日経新聞 34面
「首都圏 25日にも判断/関西3府県 緊急事態解除」
「マイナス金利 政策論議再び/英米導入を市場織り込む」
社会面「検察の信頼 大きな傷/黒川氏辞表 コロナ下、批判の声」
・産経新聞 24P
「黒川検事長が辞職/賭けマージャン認め引責 訓告処分」
「東京など25日判断/緊急事態 大阪・京都・兵庫 解除」
社会面「『検察の信用 失墜させた』/突き放す幹部やOB」
・東京新聞 22P
「黒川検事長 辞表を提出/賭けマージャン認める」
「近畿3府県 緊急事態解除/首都圏・北海道は25日判断」
社会面「『こんな時期になぜ』/『国民の信頼失われた』法務・検察に激震」

f:id:news-worker:20200524125519j:plain

 ※黒川検事長の賭けマージャン問題で、産経新聞は1面に4段見出しでおわびを掲載しました。取材であっても違法な賭けマージャンは許されない、との論旨です。朝日新聞は1面下部に2段見出しで広報担当執行役員のおわびコメントを掲載。前日と同じく、取材活動ではない社員の行動との位置付けです。

▼夕刊
・朝日新聞 12P
「東京緩和3段階/飲食店 午後10時まで延長→学習塾・劇場・映画館を解禁→パチンコ・漫画喫茶もOK」
「森法相が進退伺提出 首相慰留/黒川検事長辞職 閣議承認」
社会面「全国一斉 希望の花火を/苦境の業者 同時打ち上げ計画」
・毎日新聞 10P
「黒川検事長辞職 承認/政府 賭けマージャン『遺憾』」
「中国 成長目標設定せず/全人代開幕 コロナ対策『成果』」
社会面「情報収集 もろさ露呈/31保健所→ファクス1台/コロナ感染者 集計ミス123人」
・読売新聞 12P
「中国 成長率目標見送り/全人代開幕 軍事費6.6%増」
「黒川氏後任 林氏が軸/辞職承認 法相が陳謝」
社会面「ごみリサイクル 悲鳴/巣ごもり 廃プラ急増」
・日経新聞 12P
「中国、成長率目標見送り/全人代開幕 コロナ『終息せず』」
「企業金融支援 総枠75兆円/日銀、臨時会合で拡充決定」
社会面「黒川検事長 なぜ『訓告』/賭けマージャン 検察OBら疑問」
・東京新聞 8P
「黒川検事長の辞職承認/政府 退職金支払いへ」
「中国、成長目標設定せず/全人代2カ月半遅れで開幕」
社会面「異国で築いた幸せ 暗転/自粛あおり ミャンマー難民の店 苦境」

【5月21日(木)付】=緊急事態宣言45日目
▼朝刊
・朝日新聞 30P
「黒川検事長が辞意/賭けマージャン認める」
「夏の高校野球選手権中止/新型コロナ 影響を考慮」
社会面「球児の夢 夏もかなわず/選手『挑戦もできず悔しい』 監督『かける言葉見当たらない』」
・毎日新聞 24P
「夏の甲子園中止/79年ぶり 感染拡散回避」
「北海道・首都圏 継続へ/緊急事態宣言 感染数基準上回る 政府きょう決定」
社会面「最後の夏 願い届かず/『残念』『今後に生かす』」
・読売新聞 28P
「ES細胞 初の移植/肝疾患の新生児に 国立成育研」
「夏の甲子園 中止/戦後初 地方大会も」
社会面「夏の夢も消えた/球児『練習、何を目標に』」
・日経新聞 32P
「世界の社債発行 最高に/低コストで資金確保 4月67兆円」
「自治体、第2波備え/PCRセンター 1カ月で全国110カ所」
社会面「遠隔授業 通信スムーズに/大学、サーバーダウン対策共有/海外交流へノウハウ蓄積」
・産経新聞 26P
「蔡総統 一国二制度を拒否/中国に対等な対話要求 台湾2期目就任」
「緊急事態宣言 40知事『効果』/本紙全国アンケート 権限強化 4割『法改正必要』」
社会面「『夏こそ』球児の夢散る/『甲子園連れて行きたかった』」
・東京新聞 24P
「黒川検事長 辞任論強まる/『賭けマージャン』報道」
「夏の甲子園 中止決定/高野連 戦後初、地方大会も」
社会面「『9月入学』難しい宿題/国際化に利点・教員、保育現場に負担」

f:id:news-worker:20200524123914j:plain

 ※黒川検事長の賭けマージャン報道(週刊文春)の問題を、産経新聞は3面に掲載。東京本社編集局長の説明も載せています。取材源の秘匿の責務があり、文春側には「取材に関することにはお答えしていない」と回答したが、取材過程で不適切な行為が伴うことは許されないと考えており、そうした行為があった場合は社内規定にのっとって適切に対処する、との内容です。朝日新聞は1面トップ。社の見解は第2社会面です。「勤務時間外の社員の個人的行動」の位置付けです。
 在京他紙の扱いは以下の通りです。
・毎日:社会面左肩「黒川検事長の交代検討/法務省 賭けマージャン文春報道」
・読売:1面「黒川検事長、辞任の意向/緊急事態中 マージャン報道」
・日経:4面(政治)「黒川検事長 辞任論強まる/報道受け与党内でも」
・東京:1面トップ「黒川検事長 辞任論強まる/『賭けマージャン』報道」

▼夕刊
・朝日新聞 12P
「黒川検事長辞意 伝達/賭けマージャン処分検討/政府高官『一両日中に対応』」
「関西解除 新たな日常へ/緊急事態 首都圏と北海道は継続」
社会面「球児の進路 監督バックアップ/仙台育英 選手のPV」
・毎日新聞 8P
「黒川検事長辞職へ/賭けマージャン認める/官邸、総長の辞職要求」
「近畿解除 諮問委が了承/緊急事態宣言 政府、午後決定」
社会面「名将贈る言葉/甲子園中止で球児へ」横浜・渡辺元監督、智弁和歌山・高嶋前監督
・読売新聞 12P
「大阪・京都・兵庫解除へ/諮問委了承 感染目安下回る 緊急事態宣言」
「黒川検事長辞職へ/賭けマージャン認める」
社会面「味な支援 ネットで/銀座の名物 物々交換 農産品 J選手がPR」
・日経新聞 10P
「大阪・京都・兵庫 解除へ/緊急事態宣言 政府、今夕決定」
「黒川検事長、辞意固める/賭けマージャン認める」
社会面「法務・検察当局に衝撃/『まさか』『タイミング最悪』黒川氏辞意/総長候補 突然の退場」「定年延長巡り波紋」
・東京新聞 8P
「黒川検事長 辞職へ/緊急事態中 賭けマージャン/法務省の聴取に認める」/解説「安倍内閣の責任重く」
「首都圏・北海道 継続へ/諮問委 近畿3府県解除を了承」
社会面「政界に豊富な人脈/『花の35期』総長有力候補/菅氏、法改正は『必要』」/「賭けマージャン 賭博罪で立件も」/「検察幹部不祥事 過去も/証拠改ざん隠蔽、収賄…」/「定年延長 全弁護士会が反対」

【5月20日(水)付】=緊急事態宣言44日目
▼夕刊
・朝日新聞 8P
「リモート時代 見つけた商機/缶ビール片手 自宅から接客・画面越し 一緒にヨガ」
(NEWSダイジェスト「『圏域の一体性』解除で配慮要求へ」など3本)
社会面「下町ロケットの知 不況の波/町工場 増税にコロナ追い打ち」
・毎日新聞 8P
「ビッグデータ活用 官民一体/携帯位置情報で街の人出分析」
(NEWS FLASH「対応検証決議採択 WHO総会閉幕」など4本)
社会面「営業再開 生きるため/休業要請対象外 業界の苦悩/横浜・美容室経営の男性」
・読売新聞 12P
「『首都圏の一体性配慮を』/知事会提案 政府判断控え 緊急事態解除」
「解雇2か月 職なく/『正気保つのに必死』失業90万人予想」コロナ最前線@NY
社会面「消毒用お酒 蔵出し/ハーブの香り・在庫ビールで」
・日経新聞 12P
「中国勢の米上場 制限へ/ナスダック 米中摩擦飛び火」
「WHO、協調へ不安残す/米中対立 溝埋まらず」
社会面「立ち会い出産制限 心細い/オンライン中継の病院も」
・東京新聞 8P
「川内原発2号機 停止/テロ対策遅れ 2例目」
「長旅も出張も 予約で安心/新幹線『特大荷物』発車」
社会面「ウイルスとも『共生』を/造形作家・中垣さん 新作で表現」