安倍晋三首相「それぞれが選択すべきこと」~二階氏「『産まない』は勝手な考え」発言に

 二階俊博・自民党幹事長の「『産まない』は勝手な考え」発言に批判や反論、異論が相次いでいるようです。国会で6月27日午後に行われた党首討論でも、立憲民主党の枝野幸男代表が質問したのに対し、安倍晋三首相は「子どもを持つか、持たないかはそれぞれが選択するべきことで、私たちが意見を言うべきではないと思っている」などと答弁したと報じられています。

 ※朝日新聞デジタル「党首討論 枝野氏は二階氏の『産まない方が』発言追及」
  https://www.asahi.com/articles/ASL6W4DYLL6WUTFK00W.html

 トップバッターの立憲民主党の枝野幸男代表は、自民党の二階俊博幹事長が26日に「子どもを産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考えて(いる人がいる)」と述べた発言について取り上げた。首相は「子どもを持つか、持たないかはそれぞれが選択するべきことで、私たちが意見を言うべきではないと思っている。私の家庭も子宝に恵まれていない。産みたい人が産める社会をつくっていく」と述べた。

 評論家の荻上チキさんは自らのラジオ番組の中で、入手した二階幹事長の発言の録音を、前後の文脈も含めて再生した上で、「これはアウト」との判断を述べています。番組のサイトには当該部分の文字起こしも掲載されています。

 ※「【音声配信・文字起こし】自民党・二階幹事長の『子どもを産まないは勝手な考え』発言を検証▼2018年6月26日(火)放送分(TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』)」
  https://www.tbsradio.jp/266680

 二階幹事長の発言は講演の場でのことだったようですが、一般には、政権党である自民党幹事長の発言として受け止められるはずです。安倍晋三氏は、首相として国会で「私たちが意見を言うべきではないと思っている」とまで言ったのであれば、自民党総裁として二階幹事長に何らかの行動を取るべきであるように思います。